2005年07月11日

東海道四谷怪談(1959/日本/監督:中川信夫)

yotuya0.jpg数ある四谷怪談映画の中でも最高傑作と名高い、中川信夫監督版。
同監督の「地獄」(レビュー未掲載)は、どうもなんだかゴチャゴチャしていて私はあまり好きではないのだが、本作は凝った演出とメリハリの効いた脚本で、どぎついホラー映画を見慣れた現代人にも充分通じる魅力があり、お岩怨霊の怖さを知っている日本人でヨカッタ! とすら思えてしまう映画だ。

とても50年近く前の映画とは思えない、斬新でカッコイイ演出には目を見張る。
とくに、天井に戸板に打ち付けられたお岩さんが現われるシーンと、伊右衛門(天知茂)が錯乱し仲間の直助(江見俊太郎)を斬り付けると荒れ寺の一室が一瞬にしてお岩さんの死体を流した沼地に変わるシーンはぞくぞくするほど素晴らしい。

それにしても、伊右衛門役の天知茂の色悪ぶりはどうしてくれよう。プライドばかり高く、優柔不断でどこか女々しい感じがたまらない。原作の伊右衛門の根っからの悪党ぶりとは少しイメージが異なるのだが、私はこの作品で初めて天知茂の魅力が判った気がする。

お岩役の若杉嘉津子の怖さもかなりのもので、かぼそい声の「い〜え〜も〜ん〜ど〜の〜」が当分頭から離れそうにない。
毒を飲まされてただれた顔は不自然さもなく、これまた時代を感じさせない見事な特殊メイクに感心いたしました。

私の子ども時代のもう一つのトラウマ映画は「怪談累が淵」で、長らくあの恐怖をまた味わいたいと思っていたのだが、雰囲気からしてやはり中川信夫監督版なのではないかという気がしてきた。いっちょDVD買ってみっか。

【★★★★★】

東海道四谷怪談
B00005HKH1天知茂 中川信夫 鶴屋南北

ハピネット・ピクチャーズ 2000-08-25
売り上げランキング : 5,428

おすすめ平均 star
star四谷怪談の最高傑作
star大井武蔵野館の思い出
star中川信夫って凄い!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 22:54 | Comment(4) | TrackBack(1) | LOG #た-と
この記事へのコメント
やっぱり、「四谷怪談」と「怪談累が渕」ですよね。私もきっちりとトラウマになってます(笑)。今回の特集に累が渕がリストアップされていないのが残念。
Posted by FROST at 2005年11月25日 02:22
>FROSTさま
フィルムセンターの中川監督特集、今週末までですよね。
うーん、ちょっと行けそうになくて残念です(´・ω・`)

高橋お伝、観たーい。
Posted by bambi@管理人 at 2005年11月25日 22:54
昨日(金曜日)、フィルムセンターの方に向いてほとんど中腰になってたんですが、いけませんでしたToT。高橋お伝観たかったです。ホント
Posted by FROST at 2005年11月26日 03:25
中川監督作品、なかなかスクリーンで観られる機会もなくて、フィルムセンターの特集は貴重だったんですが、結局行けなくて残念です(´・ω・`)

中川監督「地獄」は、数年前に新文芸坐の地獄3部作オールナイトで観たのでした。石井輝男「地獄」と共にw
Posted by bambi@管理人 at 2005年11月26日 22:00

この記事へのトラックバック

中川信夫監督怪談特集/フィルムセンター
Excerpt: 昨日は本業のきりがよく時間がとれたので京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターに行ってきました。話には聞いていたフィルムセンターに足を運ぶのは初めてです。東京メトロ銀座線の京橋駅1番出口を出てすぐ。か..
Weblog: オールド・ムービー・パラダイス!
Tracked: 2005-11-25 02:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。