2005年05月10日

ヒルコ 妖怪ハンター(1991/日本/監督:塚本晋也)

突飛な学説で学界から見放されている考古学者・稗田礼二郎(沢田研二)。
亡き妻の兄である八部(竹中直人)から「重大な発見をした」という手紙を受け取り、八部の勤める学校を訪ねると、すでに行方不明となっていた八部と女生徒を探しにきていた八部の息子・まさお(工藤正貴)とはちあわせる。そして、八部によって校内のどこかにあるはずの古墳の封印が解かれ、封じ込められていたヒルコが学校を徘徊しはじめていた。

すでに往年のセクスィオーラは陰をひそめ、だいぶくたびれてきている沢田研二ではあるが、情けない妖怪ハンターをコミカルに演じていてこれはこれでイイ感じ。
なにしろ、黄泉の国から這い出したヒルコ軍団に夏休みの工作的妖怪センサーとキンチョールで立ち向かい、背には妻の遺影を背負っているのだ。
映像は意外とグロいシーンが多いのだが、まるでかっこよくないジュリーの妖怪退治っぷりに思わず和んでしまったり。
伝奇ものヒーローといえば古史古来の刀なり何なりの武器を携えているのがセオリーだが、なにしろキンチョールが効くのは衝撃的だ。

ヒルコ(蛭子)といえばえべっさん(恵比寿神)だが、この映画のヒルコは昆虫とかエイリアンに近い。けっこう古い映画にもかかわらずヒルコのギミックはなかなかよくできていて一見の価値がある。

前半の夜の学校で肝だめし的なくだりもノスタルジーが感じられて良いのだが、伝奇好きの私としては、後半の古墳の謎ときや石室でのまさおとヒルコ軍団の対決にもっとボリュームがあってもよかった。

あっ、いま気付いたけど、稗田礼二郎って稗田阿礼かぁ。

【★★★★☆】

B00005HQZJヒルコ 妖怪ハンター
沢田研二 塚本晋也

ハピネット・ピクチャーズ 2000-12-21
売り上げランキング : 29,124
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | LOG #は-ほ
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3556133

この記事へのトラックバック

稗田礼二郎シリーズ
Excerpt: 諸星 大二郎 (著) おどろおどろしい匁です。 古事記や、日本書紀などをモチーフにして、伝説や民話などをうまく取り込んで独特の世界観をつくっています。 ただひたすらグロテスクな話・・・・ とて..
Weblog: 店長の本棚
Tracked: 2005-08-03 16:49

ヒルコ 妖怪ハンター
Excerpt: 『ヒルコ 妖怪ハンター』 あらすじ 『将来を嘱望されながらも 「妖怪は存在する」 と主張したために学会から追放されてしまった考古学者・稗田礼二郎のもとに、亡き妻の兄で高校教師をして..
Weblog: 39☆SMASH
Tracked: 2006-12-06 22:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。