2002年02月20日

妖怪百物語(1968/大映)

▼新文芸坐オールナイトプログラム「トンデモ時代劇映画」にて(2001/11/10)

 何かで京極夏彦がこの映画について熱く語っていたとかで、同行者(おおみ)が観たかったらしい1本。とりあえず今回のお目当てなのだ。
 妖怪はわんさと出てくるのだが、観終わってそれほどトンデモだったと感じないのは、ストーリー自体はオーソドックスな時代劇そのものだからかもしれない。悪徳奉行と悪徳越後屋が組んで、貧乏長屋をつぶして金儲けをたくらみ、ついでにその長屋の娘を奉行が手篭めにしようとするが、身分を隠した長屋の住民の浪人に助けられ……と、遠山の金さん的ストーリー。百物語や妖怪のからませ具合はちょっと無理やり気味だが、ラストの妖怪版・エレクトリカルパレードといったおもむきの百鬼夜行はいい味出ている。
 気になったのは、家の中でも真っ白い息を吐いている登場人物たち。真冬の撮影だったとみえるが、百物語ってふつう夏にやるんじゃないの? それとも、怪談=夏という図式は、鶴屋南北が客の入らない夏の歌舞伎興行に怪談ものをかけて大成功させた以降の固定観念か?

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 10:13 | LOG #や-よ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。