2002年09月30日

バッファロー'66(1998/アメリカ/監督:ヴィンセント・ギャロ)

 イイ! 大好きだこの映画。自己中で見栄っぱり、だけど繊細で心にトラウマを負ったダメ男を演じるギャロもさることながら、レイラ役のクリスティーナ・リッチが異常に可愛い。豊満な肢体にアンバランスな幼い顔立ち、一見何も考えてなさそうだが、男を包み込むような優しく暖かい存在感、まさに男の理想の女性像ではないだろうか? こんな女いねーよと思いつつ、同性から見てもメチャ可愛くてメロメロになります。
 当初は人生踏み外してるアホな男にしか見えないビリー(ヴィンセント・ギャロ)だが、レイラに少しずつ心を開いていくにつれ、ダメ男っぷりがだんだん愛おしくなってくる。モーテルのベッドの上で、レイラの胸に頭を埋めて丸くなって眠るビリー。このシーンには、どんな恋愛映画よりも胸がきゅんとなった(お恥ずかしい…(笑))。そしてラストは本当に暖かい気持ちになれる。愛すべきバカップルに拍手。
 二人で写真を撮るシーン、ボーリング場で踊るレイラ、ぎこちない夜を過ごす二人など、映画としても非常に印象的なシーンが多く、評価が高いのも納得。

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 01:37 | LOG #は-ほ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。