2003年07月08日

DEAD OR ALIVE 犯罪者(1999/日本/三池崇史)

 三池崇史監督作品初体験(たぶん)。
 ストーリーはシンプルで、新宿歌舞伎町を仕切るヤクザ組織と、中国残留孤児3世の龍一(竹内力)が率いる新興ギャング、そして正義感の強い刑事・城島(哀川翔)の3つ巴の抗争を描いたバイオレンスアクション。
 うぅ、ヤクザものかー。「人がバタバタ死ぬ映画」が大好きな私だが、ヤクザものは見ない。だって人殺しのシーンが生々しいんだもん。そんな私がコレを見る気になったのは、CSで見たダイノジのライブで、ダイノジの2人が「ラストがとんでもないことになっている映画」として話題にしていたからである。大谷はこの映画を彼女と見たのだが、映画館を出た後、彼女に汚いものでも見るような眼で見られ、ふられてしまったというエピソードがあるらしい。そんな映画、見ないわけにはいかないので、レンタル料オール100円の日に借りてきますた。
 いきなり大音響でハードロックが流れる中、ストリップ、ヤク中、中国マフィア、マシンガン、流血等のシーンが次々とカットバックする冒頭のカッコ良さには思わず引きずり込まれてしまう。その後は、血で血を洗うヤクザ同士の抗争の間に、龍一と弟の愛憎や、城島の家族ドラマなどが展開。そんなシーンに心動かされるのもつかの間、情け容赦なくエログロバイオレンスが炸裂するこの映画のエグさはかなりのもの。とくにスカトロマニアでサディストというヤクザの若頭(石橋蓮司)の変態ぶりは圧巻。
 そして驚愕のラスト。これは私、ダイノジにネタバラシされてしまっていたので衝撃度はそれほどでもなかったが、初見であれば、それまでの重っ苦しいストーリーは一体何だったのかと思考停止に陥ってしまうであろう予想もつかないオチが待っている。げ、元気玉……?! この、稀に見るアホなラスト(笑)は、私が見た映画の中でも「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」と双璧だなぁ。何でこんなことになってしまったのか、小一時間ほど聞いてみたいものだ。
 うーん、竹内力と哀川翔という二大Vシネスターについても語るべきでしょうか。でもこの人たちのことよく知らないんだよなー。Vシネってほとんど見ないし。あ、中国マフィア役の鶴見慎吾のキレっぷりがいい味出てます。その他、脇役豪華。

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 00:06 | LOG #た-と
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。