2002年12月09日

シュレック(2001/アメリカ/監督:アンドリュー・アダムソン/ビッキー・ジェンソン)

 字幕か吹替か迷ったが、ダウンタウン浜田雅功がシュレック役ときいて吹替版を見てみることにした。でも…下手やな浜ちゃん(^^;)。関西弁のシュレックとは眼のつけどころがいいと思うが、声には最後まで違和感ぬぐえず。キャラと合ってないのもさることながら、もともと浜ちゃんは演技力はあるほうだと思うので、声優自体が難しいということか。
 ディズニー映画への逆オマージュということで、ストーリーはなかなか皮肉が効いてます。ディズニー映画も好きな私だが、これも嫌いじゃない。単純に面白いし。キャラクターもそれぞれよく作り込んであると思うが、個性豊かな脇役陣・しゃべるロバのドンキー(声:山寺宏一)やおてんばなフィオナ姫(声:藤原紀香)に比べて、主役のシュレックの存在感がやや希薄かな。
 CG技術についてはもはや言うことなし。すごいねホント。

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 00:53 | LOG #さ-そ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。