2002年04月23日

カッコーの巣の上で(1975/アメリカ/監督:ミロス・フォアマン)

 刑務所の強制労働から逃れるため、精神疾患のふりをし、オレゴンの精神病院に移送されたマクマーフィ。刑務所以上に自由がなく管理された世界で、絶対権力を誇る看護婦のラチェットと対立しながら、マクマーフィは患者たちに生きる気力を与えていく。
 精神病院。直前に、精神科医と、20年にわたり精神病院への入退院を繰り返した人がそれぞれ書いた本を読んでいたりして、個人的になかなか興味深いテーマなのだった(誰でもそうだと思うが)。かなり昔の作品ということもあり、院内の描写や患者の扱われ方はややステレオタイプに感じるが、だんだんマクマーフィに感化され生き生きとしてくる患者たちが愛らしく見えてくるから不思議だ。といっても、この作品に出てくる精神病患者たちはかなり軽度と思われ、多少エキセントリックではあるが、限りなく普通の人に近い…ような気がする。なかには、まったく正常だと思われるが自ら外界とのコンタクトを遮断しているような患者もおり、うすらデカいインディアンの彼は物語のキーパーソンでもある。
 病院(体制)から逃れようとして結局逃れられなかったマクマーフィ、しかし彼に人間らしく生きる素晴らしさを教えられた一人が、カッコーの巣から飛び立つラストシーンは素晴らしい。

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 11:33 | LOG #か-こ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。