2006年05月22日

亀も空を飛ぶ(2004/イラク/監督:バフマン・ゴバディ)

ユーロスペース@渋谷】

“バフマン・ゴバディ監督全3作品連続上映”にて。
「わが故郷の歌」を観ることができなかったのは残念だ。

turtlescanfly.jpgアメリカ軍のイラク侵攻が目前に迫る2003年春。幾多の戦争で荒廃したイラク北部クルディスタン地方の小さな村。ここに、サテライトと呼ばれる戦争孤児の利発な少年がいた。機械類に詳しい彼は便利屋として大人たちに重宝にされていた。また、こどもたちを使って地雷除去のアルバイトを取り仕切るなど持ち前の才覚を発揮して抜け目なく立ち回っていた。そんなある日、サテライトは目の見えない赤ちゃんを連れた難民の少女アグリンに出会い一目惚れする。少女には両腕のない兄ヘンゴウがいた。やがてサテライトはヘンゴウに不思議な予知能力があることを知るのだった…。

地雷原に入り、無数の地雷を掘り返して生活の糧を得るこどもたち。地雷にやられ手足のない子もたくさんいる。それでもみんな明るくたくましく、せいいっぱい生きている。クルディスタンの青い空よりもまぶしいこどもたちの笑顔。

ずる賢いところもあるけれど、利発で目端がきき、こどもたちに慕われているサテライトのリーダーシップぶりが頼もしい。
彼はアメリカ軍がフセイン政権から解放してくれることを切望している。
フセインが倒れた後も、つねに宗教・人種問題や内紛の絶えないイラクがよくなるかどうかわからない。パラボラアンテナが拾った女性の水着姿などの映像を“穢れた番組”といって眼を背ける大人たちのなかには変化を嫌う者も多いだろうが、きっとサテライトのようなこどもたちが次の時代を牽引していくのだろうと明るい希望を抱かせる存在である。

だが、戦争でむしばまれた現実は我々の想像をはるかに超え、言葉に尽くしがたい重さで迫る。
ヘンゴウとアグリンのきょうだいは、サテライトがどんなに親切にしても、決して心を開こうとしない。それに、アグリンはいつも連れている赤ん坊をあまり可愛がっていないようにみえる。
その理由が明らかになったとき、頭が真っ白になるほどの衝撃に襲われた。
赤ん坊はアグリンの弟ではなく、村を襲ったイラク兵士に乱暴され彼女の産んだ子だったのである。
こんなことって…。
「あたしの子じゃない。家族を殺したフセインの兵士の子だ」と忌み嫌い、何度も赤ん坊を捨て、自ら命を絶とうとするアグリンを誰が責められるだろう。とても、幼い少女が背負えるような枷ではない。ここまでだって本当によくやってきたと思う。
赤ん坊に罪はないけれど、それにしたってアグリンが何をしたって言うのだろう。家族は殺され、身も心も傷つけられ、両腕を失っている兄と難民になるしかなかった。その小さな胸で、どれだけ世の中を呪い、絶望してきたのだろうか。

哀しい予言ばかりするヘンゴウ。一度も笑うことのなかったアグリン。
こどもが明るくのびのびと生きることのできない哀しい現実が、重く心にのしかかる。

帰り道、何かの啓示であるかのように電光掲示板に流れた“イラク本格政府発足”のニュース。今もテロが頻繁に起き、情勢は不安定なようだけれども、クルド人のこどもたちは露天の学校に通えているのだろうか。
サテライトのようなこどもたちが、今後のイラクの光になることを願ってやまない。

評価:★★★★★

バフマン・ゴバディ DVD-BOX


バフマン・ゴバディ シャハブ・エブラヒミ ソラン・エブラヒム 紀伊國屋書店

amazonで詳細を見る | 大きい画像を見る

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 21:17 | Comment(6) | TrackBack(6) | LOG #か-こ
この記事へのコメント
私も今回やっと「酔っぱらった…」を観ることが出来ました。でも「わが故郷の歌」は外しました。ゴバティ流というものが読み取れた気がします。才能ある、貴重なクルド人監督を応援したいとつくづく思いますね。TBありがとうございました!
「プラハ!」も観ました。よかったです。
Posted by peridot at 2006年05月22日 22:53
■peridotさま
クルド語のタイトルロールやエンディングロール,貴重ですね。
「酔っぱらった馬の時間」とともに,観に行ってよかったと思える作品です,本当に。

イラクで本格政府が発足しましたね…
こどもたちのためにも,一刻も早く政情が安定し治安が回復するといいのですが。
Posted by bambi@管理人 at 2006年05月23日 12:01
監督へのインタビューでこのタイトルの由来について話されているのを読んだ時に、映画の内容と同じくらいにショックを受けた記憶がありました。
今読み直してもやっぱり暗澹たる気分になったりします。厳しい世界だなあ。
Posted by くまぞ at 2006年05月24日 21:39
■くまぞさま
当初は意味がわからなかったのですが、このタイトル深いですねー。

こどもたちのためにも、一般人にも何かできることはあるのでしょうか…
ちょっと調べてみたいと思います。
Posted by bambi@管理人 at 2006年05月25日 00:41
TBありがとうございました。
私の昨年MY BEST 1です。
一昨日『ホテル・ルワンダ』を観ました。こちらもすごい映画でしたが、映像的にストーリー的に『亀・・・』の衝撃は忘れられません。思い出すだけで泣けそうです。
Posted by mimia at 2006年05月28日 08:28
■mimiaさま
衝撃的な作品でした…
厳しい現実と、リリカルなファンタジー描写の構成もみごとでしたね。
私も忘れられない映画になりましたです。

ところで、ブログ引っ越しておりますので引き続きよろしくお願いします。
http://cinemaniax.blog.shinobi.jp/
Posted by bambi@管理人 at 2006年05月30日 19:40
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18213353

この記事へのトラックバック

亀も空を飛ぶ
Excerpt: 『亀も空を飛ぶ』のクルド人映画監督、 バフマン・ゴバティ監督の記者会見。 とても会いたくて、話を聞きたかったので、 実現してすごくうれしい。
Weblog: シネマクロニクル
Tracked: 2006-05-22 22:49

[ 亀も空を飛ぶ ]不可能なことはない
Excerpt: [ 亀も空を飛ぶ ]@神保町で鑑賞。 まるでドキュメンタリー映画を見ているようだった。 ストーリーは、2003年アメリカ軍によるイラク侵攻の 直前、イラク北部(クルド自治区)のクルディスタン..
Weblog: アロハ坊主の日がな一日
Tracked: 2006-05-23 00:57

亀も空を飛ぶ
Excerpt: 「亀も空を飛ぶ」★★★★ (盛岡フォーラム3) 2004年イ
Weblog: いつか深夜特急に乗って
Tracked: 2006-05-23 06:04

『亀も空を飛ぶ』
Excerpt: ぜひ観てください。考えましょう。 同じ時代に同じ地球に同じ人間として生まれて来たのに、 どうして彼らばかりがこんなに辛い思いをしなくちゃならないの。 それが運命なんだから仕方ないと簡単に思う..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2006-05-23 14:05

FUN×3 1/2 … 『亀も空を飛ぶ』
Excerpt: 『Saturday in refresh』 「275日後には青い空が見えるのか?」
Weblog: FUN×5 ??五つの楽(fun)を探して??
Tracked: 2006-05-23 22:57

亀も空を飛ぶ
Excerpt: ★★★★★原題:『TURTLES CAN FLY』『酔っぱらった馬の時間』『わ
Weblog: mimiaエーガ日記
Tracked: 2006-05-28 08:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。