2006年05月13日

酔っぱらった馬の時間(2000/イラン=仏/監督:バフマン・ゴバディ)

ユーロスペース@渋谷】

イラン=イラクの国境地帯に住むクルド人の村。この村は密輸業で生計を立てている。地雷で父親が死んでしまい、残された5人の子どもたち。12歳の少年アヨブは家長として、家族を支えるため、そして難病に冒されたマディの手術代を稼ぐために危険な密輸のキャラバンに加わる。このキャラバンは、あまりの寒さに凍える馬(ラバ)に酒を飲ませて酔わせることで密輸品の大きく重いタイヤを担がせ山越えをする過酷なもの。その道中には無数の地雷と武装した国境警備隊が待ち受けている。それでも一家の全ての責任を背負ったアヨブに迷いはなかった。

雪に閉ざされ、無数の地雷が埋まった危険な地域で、両親のいない5人のクルド人のこどもたちが過酷な現実を生きている。
長兄のマディは難病をかかえた障害児で、15歳だが容姿も精神も3歳くらいで止まっている。そんなマディをきょうだいたちは愛し慈しみ、手術代を稼ぐためにアヨブはイラクへの密輸品を担いで運ぶ過酷な労働に従事するが、日々の暮らしに精いっぱいでとてもそんな余裕はない。長姉は、マディの手術と引き換えに嫁入りするが、約束は破られマディだけ返されてしまった。
フィクションともノンフィクションともつかない、貧しく過酷な生活ゆえに助け合い愛しあうこどもたちの姿が胸にせまり、とても苦しい映画だった。

医師から「長くはもたない」と宣告され、どんどん容態の悪くなっていくマディ。見かけは障害児特有の異様な姿なんだけれども、誰からも愛され大切にされて、一生懸命きょうだいたちの後についていく姿がとてもいじらしい。注射に泣き叫んだり、アヨブのお土産のマッチョな男の写真に見入るシーンなど、愛らしさもある。
その眼は自分の運命を受け入れ、できるだけきょうだいたちの迷惑にならないようふるまっているのではないかと思わせる。

次女のアーマネがマディを墓地に連れていき「神さま、マディの病気を治してください」と祈るシーンや、イラクでラバを売るためにマディとともに国境を越えるアヨブが、抱えたマディに「大好きだよ」とささやくシーンは、あまりにも清浄で荘厳な気配に満ちている。
勉強好きのアーマネが、旅立つアヨブと「ノートがもうないの」「わかった、買ってくるよ」と交わす何気ない会話でさえ、何か言葉にできない思いで胸がいっぱいになるのである。

映画はラバを連れたアヨブとマディが国境を示す鉄条網を越えたところでぷつりと終わる。ふたりの運命、そして5人のきょうだいの未来は、決して明るくないだろう。
それでもたくましく生きていくだろうこどもたちの柔軟な強さとはかなさが、いつまでも胸に残って忘れられない。

ユーロスペースでは、バフマン・ゴバディ監督全3作品連続上映として、今後も「わが故郷の歌」「亀も空を飛ぶ」がラインナップ。本作で非常に感銘を受けたこともあり、できればあとの2本にも行きたいと思っている。

評価:★★★★☆

酔っぱらった馬の時間

カテゴリ: ジャンル別 > 外国映画 > ドラマ > ヒューマン

アヨブ・アハマディ バフマン・ゴバディ アーマネ・エクティアルディニ マディ・エクティアルディニ 紀伊國屋書店

amazonで詳細を見る | 大きい画像を見る

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | LOG #や-よ
この記事へのコメント
この映画は内容をよく知らないまま、なんとなくタイトルに惹かれるところがあって(笑) 初公開当時に観たいなと思ってました。たしか同じユーロスペースでの公開でしたがレイトショーだったので残念ながら観られませんでした。
去年観ることができた「亀も空を飛ぶ」は衝撃的でした。「酔っぱらった馬の時間」も機会があればぜひ観たいと思っています。
Posted by くまぞ at 2006年05月17日 21:59
■くまぞさま
なんか、不思議なタイトルですよね。
実際は馬ではなくロバなんですけれども。馬ではあれだけ雪深く険しい道を荷運びできないそうで。
で、防寒のためロバに酒を飲ませるようです。

なんのタイミングでゴバディ監督特集なのかよくわからないんですけども、私は「亀も空を飛ぶ」見逃しちゃったんで有り難いです。
「酔っぱらった〜」もひたひたと胸に迫る、素晴らしい映画でしたよ。こどもたちもかわいいし、ホントおすすめです。
Posted by bambi@管理人 at 2006年05月17日 23:21
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17800224

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。