2006年05月06日

隠された記憶(2005/フランス=オーストリア=独=伊/監督:ミヒャエル・ハネケ)

ユーロスペース@渋谷】

kioku.jpgテレビ局の人気キャスター、ジョルジュ(ダニエル・オートゥイユ)は美しい妻アン(ジュリエット・ビノシュ)と一人息子のピエロ(レスター・マクドンスキ)と幸せな日々を送っていた。そんなある日、彼のもとに送り主不明のビデオテープが届く。そこにはジョルジュの家を正面から隠し撮りした映像が映っていた。テープは何度も送られてきて、内容も回を追うごとにプライベートな領域へとエスカレートしていく。次第に恐怖が高まり、家族の間に亀裂が生じ始める。そんな中、やがてジョルジュの中で、少年時代のある記憶が呼び起こされていく…。

いやー、凄い。極上のスリラー。
ビデオを送りつけていた犯人は誰なのか? 私は途中から「○○○かなぁ…?」とぼんやり思っていたのだが、不覚にもラストシーンは気づかなかった…。だけど、いろんな方のレビューを読むと、だいたい私の考えていた犯人像がオーソドックスな推理みたい。とある人物が共犯(かも?)というのは意外だったけれども。

それにしても、全編に漂う緊張感はただごとではない。
ジョルジュの隠された少年時代の記憶が、薄皮を剥くように少しずつ明らかになっていく過程が、研ぎ澄まされたナイフのような鋭さで迫る。ジョルジュ同様、不快感と不安感がないまぜになった感情に支配され、観終わればグッタリである。

ラストカット以前に、客席から悲鳴があがるほど衝撃のシーンがあるのだが、個人的にそれ以上に怖かったのが、ジョルジュの会社のエレベーターのシーン。いかにも何か起こりそうで、結局何も起こらないのだが、なんとも言えぬ緊迫感のみなぎる長廻しで、心臓がバクバクしてしまった。
ジョルジュの姿はカメラから外れており、エレベーターの鏡に映る表情しかわからないのだが、彼を見据える人物の刺すような視線に、次第に落ち着きをなくすジョルジュ。ハネケは「ベニーズビデオ」しか観ていない浅学の私だが、かの作品で映像と実際の視点を巧みに操っていた監督らしい、計算しつくされた構図に唸ってしまった。

結局、ビデオ映像は何だったんだろう?
ジョルジュの自宅の正面映像はいいとして、マジッドのアパート内のシーンは、撮影できる者が限られているので、そこをポイントに考えればラストカットは納得である。ただ、いくらなんでもビデオが廻っていれば気づかないものだろうか? という疑問もわく。
実際に撮影されたビデオ映像なのか、あるいは誰かの妄想か夢なのか、判断に苦しむ映像もあり、そう考えると全ての映像が現実の風景なのかということすら怪しくなってくる。
解釈すればするほど、謎めく映画である。

個人的には犯人探しよりも、ジョルジュの内面に非常に興味がわいた。穏やかで理想的な父親と思いきや、妻や母親にすら心をさらけ出すことができず、ヒステリックに他者を罵るシーンも多い。そんなジョルジュを見て、マジッドの息子は「やましさというものが分かった」と。
ジョルジュはずっとやましさを抱えて生きてきたのだろうか? マジッドのことは忘れたようなふりをしていたけれど、ニュースキャスターとしてリベラルな視野が広がった現在、マジッドへの仕打ちは、ずっと心のどこかに刺さり、ちくちくと痛むトゲのような記憶だったに違いない。「たいしたことじゃない、俺は悪くない」…現実にその結果が返ってきて、家族の絆もゆらごうとしている。
私自身、過去にやましさがまったくないとは言い切れない。それが現在の自分に甚大な影響をもたらしてくることがあったら、ベストな対処法なんてあるのだろうか。
本作の本当の恐ろしさは、まさにここにある。

関係ないけど、ジョルジュの自宅のインテリアがステキだ。あんなふうに書物に囲まれた空間で暮らしたい。掃除が大変そうだけど。

評価:★★★★☆

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 23:58 | Comment(11) | TrackBack(22) | LOG #か-こ
この記事へのコメント
こんにちは。TBありがとうございます。
ラストカットは宣伝が大げさでしたね。
あの衝撃と同じレベルのモノを待っていると、見逃しちゃうかもしれませんねぇ。
Posted by もじゃ at 2006年05月07日 13:20
ふと思ったのですが、あのラストカットは完全に謎のビデオと同じ視点ですよね? ということは・・ う〜ん、わかりません ^_^;
Posted by くまぞ at 2006年05月07日 21:05
■もじゃさま
しっかり見逃してしまいました(;´Д`)
注意力散漫なのですよホント。
あまりにもさりげないラストカット…宣伝のレトリックもよくできてますねぇ。

■くまぞさま
あっ、それ!
私も最初は新たに送られてきたビデオ映像かと思っていました。
考え合わせると監督の意図がさらにわからなくなりますね。
深いです。
Posted by bambi@管理人 at 2006年05月07日 21:21
TB&コメント有難う♪TBお返ししようと思いましたが、TBが付けられません(泣) なのでコメントのみで失礼しますね。
あの主人公はちょっと神経質になっただけで、またもとの生活に何事もなかったように戻りそうですよね・・その事が衝撃だったりして・・笑
Posted by マダムS at 2006年05月08日 23:10
■マダムSさま
なんかジョルジュが一番歪んでる感じですよね。
自覚のない悪意って恐ろしいと改めて思いましたです。
Posted by bambi@管理人 at 2006年05月10日 09:40
こんにちは〜。TBサンクスです。この映画ってすごく好き嫌いわかれそうですよねぇ。私は新鮮な映画だとは思ったけど、好きじゃない感じですかねぇ。

全部妄想オチだとしてもがっかりだし、見ている人に考えさせるにしても制作者側は答えのロジックを持ってってほしいと思うんですよね、この手のサスペンスっぽい映画だったら。結局どれもいまいちしっくりこなくて、考えるのを辞めましたw。

ではではまた〜。
Posted by goma at 2006年05月14日 13:23
■gomaさま
ハネケは好き嫌いハッキリ出るみたいですね。私も本作を含め2作しか観てないのですが、積極的に追いたい監督ではないです。

この作品は深く考えるのを辞める…いちばん正解な姿勢かもしれませんw
Posted by bambi@管理人 at 2006年05月14日 23:25
はじめまして。
TBをありがとうございました。
こちらからもお返しさせていただきますね。

全編に漂う緊張感は、本当にすごいですよね…。
見ている間中、体に変な力が入っていて困りました(汗)
Posted by azuki-m at 2006年05月21日 03:18
■azuki-mさま
薄氷を踏むような緊張感に胃がキリキリとw
なんてことのないシーンでもドキドキしてしまいました(〃´o`)=3
Posted by bambi@管理人 at 2006年05月21日 23:15
百人が観たら、多分百通りの物語が観た人の心に生まれそうな映画でした。
これは観終わって議論したくなりますよね。
都内でユーロスペース一館だけって幾らなんでも、作品のポテンシャルを低く見すぎな気がします。
しかし、文章にするのがこんなに難しい作品は久々でした。
Posted by ノラネコ at 2006年05月27日 00:59
■ノラネコさま
いやー私は何でも額面どおり素直に受け取って消化するタチなので、映画に精通した方たちとディスカッションはとてもできませんw

ユーロスペースは移転してほかの映画館とハシゴしやすくなりましたねー
相変わらず、映画ファンのツボをつく作品を上映してくれて貴重な映画館です。
Posted by bambi@管理人 at 2006年05月28日 00:53
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17488502

この記事へのトラックバック

隠された記憶@ユーロスペース
Excerpt: 映像が始まったと思ったらそれはビデオテープだった。夫のジョルジュ、妻のアン、一人息子のピエロからなる家庭に、子供が書いたような無邪気で残酷な絵を添えて、そのテープが頻繁に送られる。ストーカー的な内容に..
Weblog: ソウウツおかげでFLASHBACK現象
Tracked: 2006-05-07 12:35

【 隠された記憶 】
Excerpt: カンヌ映画祭 監督賞受賞作品。夫婦の元に送られてきたビデオテープと不気味な絵をきっかけに始るサスペンス。監督はミヒャエル・ハネケ。 本編には一切音楽はナシ、全編に渡って淡々とリアルに描かれており..
Weblog: もじゃ映画メモメモ
Tracked: 2006-05-07 13:15

「隠された記憶」なんてこった!
Excerpt: ストーリー: テレビ番組の人気キャスター、ジョルジュ(ダニエル・オートゥイユ)と出版社に勤める妻アン(ジュリエット・ビノシュ)の元に、送り主不明のビデオテープが不気味な絵とともに送られてくる。しか..
Weblog: 小生の映画日記
Tracked: 2006-05-07 13:31

隠された記憶
Excerpt: ●人が人であるための過程=人生の時間と機会を提供する作品●「楽(ラク)」を「楽しい」と感じるならばツマラナく、「楽(ラク)」を「ツマラナイ」と感じるならばこの上なく堪能できる。
Weblog: わかりやすさとストーリー
Tracked: 2006-05-07 13:55

「隠された記憶」
Excerpt: 「Caché 」...aka「Hidden」2005 フランス/オーストリア/ドイツ/イタリア カンヌ国際映画祭監督賞受賞/2005 ヨーロッパ映画賞(作品、監督、主演男優)受賞/2005 ..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2006-05-07 16:17

隠された記憶
Excerpt: 「隠された記憶」CACHE / HIDDEN / 製作:2005年、フランス=オ
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2006-05-07 18:01

『隠された記憶』
Excerpt: 極上の心理スリラー。ハネケはすごい。 だけど、整理はできない。 人気キャスターのジョルジュの元に送り主不明のビデオテープが届く。頑なに予告は見ないようにしていた。でも、「衝撃のラストカット そ..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2006-05-07 18:01

隠された記憶
Excerpt:  衝撃のラストカット、その真実の瞬間を逃してはならない。  朝の渋谷にて、仕事の前に観てきました。  テレビ局の人気キャスターであるジョルジュ(ダ..
Weblog: とにかく、映画好きなもので。
Tracked: 2006-05-08 18:26

隠された記憶
Excerpt: ジョルジュはTVで活躍する人気キャスター。妻のアンも出版社で編集者として成功を収めています。二人の間には一人息子のピエロがいて、幸せな生活をしています。そこへ、ジョルジュの行動を映したビデオテープが次..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-05-08 20:49

隠された記憶
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  密かな心の闇、やがてリアルな悲劇の闇となる  
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2006-05-09 14:16

隠された記憶/CACHE /HIDDEN
Excerpt: えっ、そうきたか〜〜! 予備知識なく観ることをお勧めしたい作品だけど、 あえて先に言いたいのは、 ラストシーンはしっかり見て!ということ。 また、ラストで深読みしすぎると逆にかえって気が付きにくい場..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2006-05-10 14:04

こんな終わり方って…!?【隠された記憶】
Excerpt: 衝撃のラストカット、その真実の瞬間を見逃してはいけないと、大々的な殺し文句を挙
Weblog: 犬も歩けばBohにあたる!
Tracked: 2006-05-13 11:56

『隠された記憶』 6.5P
Excerpt: 私的オススメ度:6.5P 『ブロークンフラワーズ』みようかと思ったんですが、私が大好きな辛口映画批評家さんが『隠された記憶』を大絶賛してたので、急遽期待に胸を膨らませて見にいってきましたぁ。..
Weblog: OL映画でいやし生活
Tracked: 2006-05-14 13:15

『隠された記憶』 透明なカメラ
Excerpt: 『隠された記憶』では隠しカメラを仕掛けた犯人が隠されている。監督のミヒャエル・ハネケ自身も犯人が誰であるかというコメントはしていない。しかし劇場予告やチラシでは「衝撃のラストカット」のことがしきりにア..
Weblog: KINEMAtograph [キネマトグラフ]
Tracked: 2006-05-16 19:46

「隠された記憶」
Excerpt: 監督:ミヒャエル・ハネケ 脚本:ミヒャエル・ハネケ 出演:ダニエル・オートゥイユ、ジュリエット・ビノシュ、アニー・ジラルド  ようやく書けた、フランス映画祭出品作品。  ミヒャエル・ハネケ..
Weblog: インサイド
Tracked: 2006-05-21 03:12

隠された記憶・・・・・評価額1650円
Excerpt: 映画は本来映像と音で表現される物だから、文章でその作品を説明するのは難しい物だが、これはその中でも極めつけだろう。 ミヒャエル・ハネケ監督の「隠された記憶」は、文章どころ??
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2006-05-27 00:54

????????????????膕??賣????飦蚶
Excerpt: ??賣莔??????????????跣肌????芡??????????????????????膩????????苧龥??解????蓯????????????膮????莒????芨????????迣花?..
Weblog: ??????楮??????慲
Tracked: 2006-06-05 18:21

衝撃のラストカット?
Excerpt: 128「隠された記憶」(フランス・オーストリア・ドイツ・イタリア)  「衝撃のラストカット その真実の瞬間を見逃してはいけない」  この謳い文句のみで観にいったようなもの。ストーリーなどは全くわか..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2006-06-19 01:02

「隠された記憶」何気ない日常の裏には恐怖が潜んでいるのかもし...
Excerpt: 「隠された記憶」★★★ ジュリエット・ビノシュ、ダニエル・オートゥイユ 主演 ミヒャエル・ハネケ監督、2005年、イタリア オーストリア ドイツ フランス 穏やかな普通の暮らしをしている家庭..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-07-27 19:38

隠された記憶
Excerpt: 『ピアニスト』のミヒャエル・ハネケ監督が描き出す、 人間のおぞましい深層心理・・・ カンヌ映画祭で監督賞を含む 3部門受賞を果たした問題作がついにベールを脱ぐ! STORY:テレビ局の人気..
Weblog: 映画とはずがたり
Tracked: 2006-10-13 00:20

『隠された記憶』には謎がいっぱい
Excerpt: 『隠された記憶』は2005年のカンヌ国際映画祭で監督賞、国際批評家連盟賞、人道賞授賞の話題作だが、謎に満ちた映画でもある。
Weblog: 坂野上淳のウェブ日記
Tracked: 2006-12-10 01:47

mini review 07050「隠された記憶」★★★★★★☆☆☆☆
Excerpt: カテゴリ : スリラー/サスペンス 製作年 : 2005年 製作国 : イタリア オーストリア ドイツ フランス 時間 : 116分 公開日 : 2006-04-29〜..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2007-05-20 13:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。