2006年04月14日

チェコアニメ映画祭 #Aプログラム

K's cinema@新宿】

アニメーション作品において、ときには監督より重要な役割を果たす美術(デザイナー)に視点をあてたプログラム。
ずいぶん凝った企画で、チェコアニメ好きにはたまりません。

パヴェル・コウツキーの4作品は毒と風刺をきかせた激辛アニメ。「カフェ」なんて私はけっこう面白かったんだけど、大人の思惑や男と女の欲望ゲームをズバリ描いちゃってます。もう、ストレート過ぎ。子どもには見せられません!
かと思えば、ヨゼフ・チャペックの「犬と妖精の話」、ヨゼフ・パレチェクの「ちびトラちゃん」「カシュパーレックとホンザ」なんて可愛らしい絵本調の作品も。
個人的には、思いもよらないトラの秘密(あのシマシマもようが○○○だったなんて…)にびっくりした「ちびトラちゃん」がお気に入り。
エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァーの「ある粉屋の話」は怖かったなぁ。教訓が含まれているにしても怖すぎる話だ。

■Media/メディア
00年/5分/カラー
監督:パヴェル・コウツキー
美術:パヴェル・コウツキー

■Kavarna/カフェ
98年/8分/カラー
監督:パヴェル・コウツキー
美術:パヴェル・コウツキー

■At Zije mys/ネズミ、万歳!
93年/6分/カラー
監督:パヴェル・コウツキー
美術:パヴェル・コウツキー

■Houslovy koncert/バイオリン・コンサート
81年/4分/カラー
監督:パヴェル・コウツキー
美術:パヴェル・コウツキー

■Pomsta/復讐
68年/15分/カラー
監督:イジー・ブルデチュカ
美術:ミロスラフ・シュチェパーネク

■Psi pohadka/犬と妖精の話
59年/15分/カラー
監督:エドゥアルト・ホフマン
美術:ヨゼフ・チャペック(原画)

■Konec krychle/エンド・オブ・ザ・キューブ
79年/5分/カラー
監督:ズデネック・スメタナ
美術:ズデネック・スメタナ

■Jsouc narece mlynar jeden./ある粉屋の話
71年/11分/カラー
監督:イジー・ブルデチュカ
美術:エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー

■Maly tygr/ちびトラちゃん
76年/12分/カラー
原案:H.ヤヌシェフスカー/脚本リブシェ・パレチュコヴァー
監督:ボフスラフ・シュラーメク
美術:ヨゼフ・パレチェク

■Jak Kasparek a Honza zachranili korunu/カシュパーレックとホンザ 盗まれた王冠
73年/6.5分/カラー
監督:ボフスラフ・シュラーメク 
美術:ヨゼフ・パレチェク

▼関連エントリ
チェコアニメ映画祭 #Bプログラム (06/4/23)
チェコアニメ映画祭 #Dプログラム (06/4/30)
チェコアニメ映画祭 #Cプログラム (06/5/4)

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(2) | LOG #Event
この記事へのコメント
ドモドモー♪
ワタシはBプロでしたがTBさせて貰いました。
>毒と風刺をきかせた激辛アニメ
おおっ、これは好きなジャンルです。
Aプロも観たかったなあ・・・
チェコのアニメって、大人の関係をストレートに赤裸々に描いてますね。
絵がアートなので全然嫌らしくなくって、むしろユーモアです。ふふ
残念ながら、ワタシはBプロだけで終わりそうですよ・・・ううっ・・・
Posted by Puff at 2006年04月21日 23:10
■Puffさま
2館にまたがってるせいか、なんだか制覇しにくいスケジュールですよねぇ。
Cプロ、吉祥寺に行けなかったので、新宿のレイトショーに行くつもりです。

チェコアニメ、油断してると予想外のエログロ見せられたりしますよね…
子どもが喜んで見てるとは思えないのですが、やっぱり日本のアニメとはターゲットやポジションが微妙に違うんでしょうねぇ。
Posted by bambi@管理人 at 2006年04月22日 00:54
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16644795

この記事へのトラックバック

「チェコアニメ映画祭2006」 Bプログラム
Excerpt: 公式サイト K's cinema(84席)、公開3週目初回です。 意気込んで30分前に到着、1番のりでござります。 30人弱ですかね、、これから映画を勉強する若人のグループや、ホントに映画が??..
Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary
Tracked: 2006-04-21 23:00

チェコアニメ映画祭2006、または、エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー
Excerpt:  「チェコアニメ映画祭2006」(4月1日??5月12日@新宿K’s cinema&吉祥寺バウスシアター)、「アンダーカバー・ミーツ・シュヴァンクマイエル」(5月2日??7日@アサヒ・アートスクエア)..
Weblog: 海から始まる!?
Tracked: 2006-05-14 11:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。