2006年03月24日

ファンタスティック・プラネット(1973/フランス=チェコ/監督:ルネ・ラルー)

【DVD】

仏のSF作家ステファン・ウルの長編小説を、マンガ家ローラン・トポールの絵でアニメ化した異色のファンタジー作品で、未開の惑星イガムを舞台に、人間型のオム族と、彼らを奴隷のように扱うドラーグ族の戦いと協調を描く。

ルネ・ラルーのDVDはバラバラに買っているのだが、「ルネ・ラルー コンプリートDVD-BOX」なんてのが出てたのねΣ (゚Д゚;)

巨大なドラーグ族の手のひらに乗るほど小さい人間族は、彼らに生きたオモチャとして扱われている。
まるで虫けらのように弄ばれたり踏みつぶされたりしているのが哀れ。
まぁ、これだけサイズが違うと、人間の家畜や虫に対する扱いを顧みれば当然そうなるかと。ドラーグ族は悪くありません。

切り絵アニメの独特の動きと、サイケでシュールな世界観がマッチし、他に類を見ないアニメとなっている。
グロテスクなクリーチャーたちが蠢く世界は、悪夢としか言いようがない。どこからこんな発想がわくんだろうね。

一度観たら忘れられない、トラウマ的インパクトを放つ作品。

評価:★★★★☆
ファンタスティック・プラネットファンタスティック・プラネット
ステファン・ウル

ジェネオン エンタテインメント 2001-03-23
売り上げランキング : 3,862
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ルネ・ラルー コンプリートDVD-BOXルネ・ラルー コンプリートDVD-BOX
ルネ・ラルー

ジェネオン エンタテインメント 2005-03-10
売り上げランキング : 10,552
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | LOG #は-ほ
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

[映画]ファンタスティック プラネット(監督ルネ ラルー)
Excerpt: なんで今までこの映画を知らなかったんだ!、こんなオープニングからエンディングまで登場するキャラ含めやられっぱなしの映画に出会ったのは久しぶりだ!と思ったので感想を残して...
Weblog: [NOZAKI.COM] - edge of the future -
Tracked: 2009-03-08 23:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。