2006年03月11日

ドラえもん のび太の恐竜2006(2006/日本/監督:渡辺歩)


私は映画館へはほぼ一人で行くが、本作はさすがに浮いてしまったなぁ。
孤独な隠れドラファンの大人も来てるはずとふんだのだが、見渡すかぎり大人一人は私だけだったように思う。
こまいのばっかり、にぎやかな映画館でした。

dora2006.jpgある日のび太(声:大原めぐみ)は、恐竜の化石を自慢するスネ夫(声:関智一)に対抗し、自分も恐竜の化石探しを開始する。すると、ひょんなことから恐竜の卵らしきものを発見するのだった。そして、その卵を孵化させてみると、なんとそれは白亜紀の日本海近海に棲息していたフタバスズキリュウだった。のび太はこの首長竜を“ピー助”(声:神木隆之介)と名付け、ママに内緒で大切に育て始めるのだったが…。

号泣必至の名作、劇場版第一作「ドラえもん のび太の恐竜」のリメイクである。
私は声優陣がリニューアルしてからのドラえもんは見ていないので、不安はあったものの、オリジナルも細部までは覚えていないこともあり新鮮な気持ちで観ることができた。

新声優陣については、やはり最後までドラえもんの声(水田わさび)に違和感がぬぐえなかった。ほとんどの日本人にはドラえもん=大山のぶ代が強烈にすり込まれているので、これは致し方ないかもしれない。だが、ヘタに大山ドラを踏襲することなく、新しいドラえもんをやろうとしている苦労と心意気は買いたい。

新しいドラえもんといえば、作画の個性は相当なもの。キャラの線が今までとぜんぜん違う。どちらかといえば、アニメ版よりも原作に近いのかな。ギャグを全身で表現する、柔軟な線のキャラクターになっている。そういえば、ドラえもんはギャグ漫画だったのだ。
好き嫌いがかなり出るであろう絵で、私も最初は荒っぽい印象を受けたが、これまでの優等生的ドラえもんキャラでは考えられないギャグ表現は新鮮だった。
テレビアニメ版はどうなんだろう。映画は良い意味であくの強いドラえもんになったという印象である。

もともと素晴らしいストーリーだが、今回も私、号泣してしまいました。
仲間との信頼と友情、冒険と成長、のび太とピー助の別れ。エンタテイメントの全てが詰まっている。
タケコプターで墜落しそうになったジャイアンの手を取り助けるのび太。しずかちゃんのピンチに真っ先に飛び出していくのび太。なんて勇気のある少年なんだろう。のび太の本質を誰よりも見抜いているピー助との別れは胸を揺さぶられる。

そういえば、本作では、もちろん大いにドラえもんの秘密道具の恩恵には預かっているものの、のび太は自分の力でいろいろなことをなし遂げ、仲間の信頼を得ている。
ドラえもんが、本来の役目どおり、のび太のサポートに徹しているところは、長い間のび太の成長を見守ってきている大人の観客には感慨深いものがあるだろう。

印象に残ったのは、のび太とパパのエピソード、ラストで白亜紀から戻ってきたのび太たちとママのやりとり。
「多勢で、何をやってたの?」「うん、ちょっとね…」
大人には理解できない、5人の冒険物語のしめくくりは、とても感動的だった。

久しぶりにオリジナルも観たいね。泣きたいときは、これを観よう。

評価:★★★★☆
映画ドラえもん のび太の恐竜映画ドラえもん のび太の恐竜
大山のぶ代 小原乃梨子 肝付兼太

ポニーキャニオン 2001-03-14
売り上げランキング : 8,781
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 23:57 | Comment(4) | TrackBack(8) | LOG #た-と
この記事へのコメント
bambiさん!コメントありがとうございました!ちょっと疲れ気味で・・・お返事遅れてすみませんでした。
ドラえもん・・・大好きなのですね!楽しんでこられたようでよかった!
ドラえもんもケンシロウも声優を変えての公開ですが・・・やはり大山しのぶに神谷明が私の中では当たり前なので・・・声優の変化によってキャラまで違うく見えてしまいそうなのは少しイヤ。でも・・・気になるなあ。
ところで、ジョニーナイト、無事にチケット取れました!フォン・トリアーナイトも・・・すごく気になりましたよ。さっそくマンダレイは観て来ましたが・・・。
Posted by 睦月 at 2006年03月12日 13:29
■睦月さま
ドラえもん映画欠かさず観てるとかってわけではないのですが、第一作のリメイクと聞き楽しみにしてました。
賛否両論ありそうですが、私は泣きに行って、しっかり泣けたので満足ですw

マンダレイ、ケンシロウは来週あたり観に行くつもりですよぉ(・∀・)
Posted by bambi@管理人 at 2006年03月12日 16:15
TBありがとうございました。こちらからもTBさせていただきます。
ドラえもんはやっぱり映画版がいいですね。^^
Posted by TRK at 2006年03月13日 14:46
■TRKさま
そうですね。久しぶりにオリジナルが観たくなりました。
来年はドラ映画、どうなるんでしょうねぇ??
Posted by bambi@管理人 at 2006年03月13日 19:42
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14681863

この記事へのトラックバック

映画ドラえもん のび太の恐竜2006
Excerpt: 先日、「試写会のハガキ貰いオフ会」について書きましたが、その時待ち合わせの前に「エムズタウン幸手」内にある「シネプレックス幸手」で映画を観たと書きました。そのとき観たのがこの、「映画ドラえもん のび太..
Weblog: 欧風
Tracked: 2006-03-12 12:52

映画「どらえもん のび太の恐竜2006」を観て
Excerpt:  最後に、今までお世話になった人達と離れて、本来の自分に近い仲間達と過ごす事になるシーンは、私の現実とシンクロしていて、感慨深いものがあった。   途中、登場する「悪者」は、ステレオタイプだと思った..
Weblog: とみのひとりごと
Tracked: 2006-03-12 14:41

ドラえもん のび太の恐竜2006
Excerpt: 初めは新たな映像と一新された声優に違和感を感じましたが、すぐに見入ってしまいました 原作以上に魅力溢れる作品に生まれ変わっていると思います
Weblog: シアフレ.blog
Tracked: 2006-03-13 00:18

ドラえもん のび太の恐竜2006
Excerpt: 日曜日、長男と次男を引率して「ドラえもん のび太の恐竜2006」を見てきました。 実は私も見たかったのです。だってこれは小さい頃に見た「のび太の恐竜」のリメイクなんで
Weblog: GOKURAKU Days
Tracked: 2006-03-13 14:39

ドラえもん のび太の恐竜2006
Excerpt: 小学生だか中学生の時観た旧作「のび太の恐竜」にスゲー感動したのは覚えている。「の
Weblog: 漫画脚本家 田畑由秋のぼやきつぶやき
Tracked: 2006-03-20 11:10

映画ドラえもん「のび太と恐竜2006」
Excerpt: いままでで一番あたらしく、なつかしい。いままでで一番原作に忠実でオリジナリティー
Weblog: なんだりかんだり映画ブログ
Tracked: 2006-04-11 01:08

ドラえもん のび太の恐竜2006
Excerpt: 見た日/3月某日 ★★★★  ドラえもんに星4つ捧げるとは思わなかったが、劇場用第一作の脚本にもなった藤子・F・不二雄先生の原作長編マンガに忠実ながら、クオリティの高い背景画と、現代的な間の演出、音楽..
Weblog: おたっきーの映画日記
Tracked: 2006-05-02 21:36

Doraemon
Excerpt: 『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』 今更説明するまでもなく、誰もが知っている国民的キャラクタードラえもん。何を血迷ったか今回、映画館まで観に行ってしまいました。どういう経緯でそうなったかはさて..
Weblog: Tokyo Bay Side
Tracked: 2006-07-21 22:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。