2006年02月28日

§三池崇史監督 インプリント

いやこれ、まったく知りませんでした。
志麻子サンの「ぼっけえ、きょうてえ」が三池崇史監督により映像化されているではないか!

MovieWalker レポート 【動画・完成披露記者会見レポート】※動画は近日UP予定 三池崇史監督が「マスターズ・オブ・ホラー」に認定されたぞ 伝説の男トビー・フーパー監督と“師弟”の絆を固め合ったのだ
 これは、もう事件だ! チョモランマ登頂、いや極北走破とでも言うべきか。“キング・オブ・バイオレンス”三池崇史監督がついに映像表現の到達点を極めた。世界の名だたるホラー監督13人が集結した恐怖アンソロジー「マスターズ・オブ・ホラー」の一編として創られたアジア代表・三池監督の「インプリント ぼっけえ、きょうてえ」はホラー映画というジャンルを凌駕し、映倫はおろか映像表現のボーダーライン、人間としての道徳観、倫理観にまで刃物を突き付けている。
〜中略〜
 原作である岩井志麻子の短編小説「ぼっけえ、きょうてえ」は岡山弁で「とっても怖い」の意味。原作の岡山弁が映画では全編英語の台詞になっているが、恐怖のありとあらゆる要素が詰め込められている。まさに恐怖のロイヤル・ストレート・フラッシュ状態。
 放送コードのゆるい米国のケーブルテレビ向けコンテンツとして創られ、すでに放送された「マスターズ・オブ・ホラー」だが、なんと三池監督の「インプリント」はあまりにもタブーに挑み過ぎたために13作品中唯一放送中止になった問題作なのだ。

わわわわ、すげぇ怖そう。
岡山県に偏見を持たせることにかけては、横溝正史と双璧の岩井志麻子の代表作に、DEAD OR ALIVE 犯罪者(1999/日本/三池崇史)極道恐怖大劇場 牛頭(2003/日本/監督:三池崇史)の監督である。
こりゃ期待せずにはおれませんて。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭でワールドプレミアがあり(2/25)、その他、CS放送(ヤッタ!)、DVD発売は決まっているらしい。一般公開は未定。

とりあえず、CS放送は何が何でも見なくては。
ぼっけえ、きょうてえぼっけえ、きょうてえ
岩井 志麻子

角川書店 2002-07
売り上げランキング : 7,545
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 22:23 | Comment(2) | TrackBack(1) | * memo *
この記事へのコメント
明日「イメージフォーラム」というところで、三池監督の舞台挨拶つきのロードショーを見に行きますv
原作は読んだので、どんな出来かを楽しみにしていますが、怖い映画を一人で見に行くのは「マニトウ」以来2度目なので怖さ倍増でっす。
Posted by にゃあ at 2006年05月26日 08:43
■にゃあさま
私も本日行ってきましたよ。
立ち見も出て盛況でしたねぇ。

私はTV版をすでに観ていたのですが、やっぱり映画館で観るのは迫力あっていいです。
舞台挨拶でみた工藤夕貴もきれいでした。この人ぜんぜん変わらないなぁ。
Posted by bambi@管理人 at 2006年05月28日 00:47
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13940129

この記事へのトラックバック

[ WARU(ワル) ]見所はテレパシー会話
Excerpt: [ WARU(ワル) ]@銀座で鑑賞。 小説家として、劇作家原作者として、あるときは空手家 として顔を持つアウトロー真樹日佐夫(梶原一騎の実弟)。 彼の作家生活45周年を記念して、劇画[ ワ..
Weblog: アロハ坊主の日がな一日
Tracked: 2006-03-12 11:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。