2006年01月20日

かえるのうた(2005/日本/監督:いまおかしんじ)


kerunouta.jpg

裁縫工場に勤める朱美(向夏)は同居する良男(吉岡睦雄)の女癖の悪さに喧嘩が絶えない。良男をワインボトルで殴り漫画喫茶へ逃げ込んだ朱美は深夜のマンガ喫茶で同じ本の取り合いになったキョウコ(平沢里菜子)と何となく意気投合し、彼女の部屋に転がり込み、奇妙な共同生活が始まった。キョウコは漫画家志望で体を売って生活していた。やがてキョウコに促され、誘われるまま援助交際の相手寺田と会うホテルへ行った。だが朱美は寺田の求めに応じず、ホテルを出るとキョウコは怒って朱美に掴みかかった。その後、朱美はキョウコのアパートへ行った。キョウコは出かけ、ホテルでSMマニアの兄弟の相手をした。彼女が戻ると、カエルの着ぐるみを着た朱美が眠っていた…。

女の子の友情物語として、下妻物語(2004/日本/監督:中島哲也)を比較対象に挙げられることが多いようだが、私はリンダリンダリンダ(2005/日本/監督:山下敦弘)に近いテイストを感じた。
距離感があるようなないような、微妙な友情。他人にガツガツ近づいていけない人間同士だと、こんな感じになるんだよなぁ。なんだかちょっと身につまされる。

主役のふたりも、登場人物も、先のことは考えず明るくダラダラと生きているように見えるけど、都会で生きる人びとの寂寞感がしんみり感じられた。
深夜のマンガ喫茶に集う面々なんかとくにさびしい。すぐ近くで女の子がケンカしてても、かえるの着ぐるみで入ってきた客にも無関心でマンガ読み続けていたり。
他者と関わることなく、自分の世界に没頭できる場所(マンガ喫茶)で出会い、衝突したり不器用な心のふれあいを重ねながら、少しずつ友情を深めていくふたりがほほえましくてくすぐったい。

援助交際で生計を立てているキョウコの影響で、朱美もたいして抵抗感もないまま、男たちに身体を売る。
SMマニアに縛られてドライヤーの熱風責め(何だこのプレイw)されるキョウコ、寝なくていいから殴らせてくれという客に当たり、次のシーンでは顔が腫れ上がっている朱美。
そしてキョウコは自堕落な生活が原因で身体を壊し、故郷に帰ることになる。
孤独な人びとの闇をユーモラスな演出で描き出しており、ゴミのような存在ながらもしたたかに生きる女の子たちの姿がせつなくも力強い。

濡れ場の多いピンク映画なのに清清しさも感じられ、大胆不敵なラストシーンにほろり。

朱美はかえるマニアという設定で、部屋にはかえるグッズが溢れているのだが、私もなかなかのかえる館に住んでいたりする…。朱美の部屋が映ると、「あっ、あれウチにもあるなぁ」って楽しみ方もできました。

上映後、いまおか監督×中原昌也×柳下毅一郎のトークショー。
このときひっそり場内に入ってきた女の子、主演の平沢里菜子だぁと思っていたら、向夏も来ていたようである。トーク後にふたりとも壇上に迎えられ、挨拶があった。
見た目から正反対のふたりで、バランスの良い主演コンビだね。

評価:★★★☆☆

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(5) | LOG #か-こ
この記事へのコメント
遅ればせながら、TBありがとうございました。
宣伝になりますが、

http://www13.plala.or.jp/intro/index.htm

↑こちらのサイトにいまおか監督のインタビューを掲載しておりますので、お時間がある時にでも読んでくださると嬉しいです。
Posted by ぜんば at 2006年01月25日 23:59
■ぜんばさま
ご案内ありがとうございます。
読ませていただきました。
いまおか監督って,なんだか冷めてますよね。シャイな方なんだろうなぁというのもわかりますが。
監督の冷めたかんじが心地よかったりするんです,私の場合。
Posted by bambi@管理人 at 2006年01月26日 15:10
あ、かえる館にお住まいだったんですか。
なんか意外ですww
二人のキャラクターは何から何まで正反対で、
見た目もたぶんに漏れませんでしたね。
冷めているようでどこか暖かくて、
ラストで充足感を味わいました。
Posted by 現象 at 2006年01月27日 21:17
■現象さま
ウチは貰い物が多いんですが、気がついたらすっかりかえる館になっておりましたΣ (゚Д゚;)

いまおか監督と山下敦弘監督との類似性は私も感じました。なんというか、空気感が似ていますよね。

時間がが経つにつれ、じわじわと染みてくる作品で、今では星もうひとつプラスしたいですねぇ。
Posted by bambi@管理人 at 2006年01月28日 00:45

この記事へのトラックバック

かえるのうた:あんたバカだけど一緒にいて楽しかった ポレポレ東中野
Excerpt: 「たまもの」のいまおかしんじ監督の新作 例によって原題は「援助交際物語/したがるオンナたち」といかにもピンク映画のタイトルです。 朱美(向夏)は、女癖の悪い彼と暮らしている。 今日も彼の浮気がば..
Weblog: 気ままに映画日記☆
Tracked: 2006-01-21 17:11

かえるのうた
Excerpt: 映画の情報サイト、フィルムナビです。当サイトのかえるのうた情報のページから、このブログへリンクをはらせて頂きました。他の映画の感想など書かれた時には、お気軽にフィルムナビの方へもトラックバックして下さ..
Weblog: □film-navi〔フィルムナビ〕
Tracked: 2006-01-22 02:39

かえるのうた@ポレポレ東中野
Excerpt: キョウコと朱美の性格は正反対だが、漫画喫茶で出会ってから互いを意識し合うようになる。二人は外見から価値観まで対照的だった。無頼に生きてきたキョウコと、そのキョウコの家と恋人の家とを行き来する朱美。カエ..
Weblog: ソウウツおかげでFLASHBACK現象
Tracked: 2006-01-27 21:08

平沢里菜子『パイパン獣姦2 パイパン牝犬と2匹の牡犬 平沢里菜子』
Excerpt: 怒涛の2タイトル同時リリース!お犬様の奴隷と化した里菜子。エサの受け皿代わりと全身にバターを塗られ、隅々まで舐め回される。最初は抵抗するもあまりの気持ちよさに昇天の連続。さらにはギンギンになったお....
Weblog: 平沢里菜子
Tracked: 2006-07-12 09:46

平沢里菜子『パイパン獣姦2 パイパン牝犬と2匹の牡犬 平沢里菜子』
Excerpt: 怒涛の2タイトル同時リリース!お犬様の奴隷と化した里菜子。エサの受け皿代わりと全身にバターを塗られ、隅々まで舐め回される。最初は抵抗するもあまりの気持ちよさに昇天の連続。さらにはギンギンになったお....
Weblog: 平沢里菜子
Tracked: 2006-07-22 05:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。