2006年01月18日

ホテル・ルワンダ(2004/イギリス=伊=南ア/監督:テリー・ジョージ)


お恥ずかしながら、私はこの映画の日本公開のいきさつ(公開を求めるネット活動)など初耳だったし、ルワンダ大虐殺の歴史的背景もほとんど知らない。
こんな人、他にいるのか知らないが、映画の内容もよく知らないまま観に行ったのである。
ふだんから映画の情報を積極的に仕入れることもなく、フィーリングで選んで観ているためで、私の映画ライフは一事が万事こんな調子であるが、この映画に関してはまったくの無知っぷりが恥ずかしい。
ただ、昨年のファンタ映画祭の石井輝男ナイトで、映画秘宝スタッフが「いよいよ公開されます!」と熱く紹介していたので、なんとなく気になっていただけである。
サービスデイだったので軽い気持ちで観に行ったのだが、この映画をとりまく状況はただごとではなかった。18:15の回は立ち見も含めて満員札止め。びっくりして最終回の整理番号をもらう。時間になり劇場に戻ってみると、やはり最終回も満員札止めとなっており、ガッカリして帰る人多数。
これはたいへんな映画であることを遅まきながら理解する。心して観なくては。

hotelrwanda.jpg1994年、ルワンダの首都キガリ。多数派のフツ族と少数派のツチ族の内戦はようやく終息したものの街は依然不穏な空気に包まれていた。ベルギー系の高級ホテル“ミル・コリン”で働く有能な支配人ポール(ドン・チードル)は、ある晩帰宅すると暗闇に妻と子どもが身を潜めていた。フツ族大統領が何者かに殺され、これを契機にフツ族の人々がツチ族の市民を襲撃し始めたのだ。ポール自身はフツ族だったが、妻がツチ族だったことから、ひとまずミル・コリンに避難することに。外国資本のミル・コリンはフツ族の民兵たちもうかつには手を出せなかった。そのため、命からがら逃げ延びてきた人々が続々と集まってくるのだが…。

…なるほど、これは多くの人を動かすパワーを持つ映画だ。あまりにも衝撃的である。
魂をわしづかみにされ、激しく揺さぶられる。
外見的にはなんら変わりのない(少なくとも外国人からはそう見える)部族どうしで罵り合い、殺し合う。
ナタを振り下ろして同胞を殺し、累々たる死体の山を築く。これが人間のすることだろうか。
いや、これこそが人間の真の姿なのかもしれないと暗澹たる思いにかられる。
誰でも、虐げられれば不満は蓄積していくし、限度を超えたら爆発することもある。それが大義だと煽られ、隣に憎むべき対象がいて、手にはナタを持っていたら。振り下ろさなければ、過去の憎しみは消えないのかもしれない。
だが、振り下ろすことで新たな憎しみが生まれ、負の連鎖は果てしなく続いていく。
それを止めることができるのもまた人間なのだ。

私たちに何ができるだろうか。
具体的に何かできれば素晴らしいことだが、たとえ何もできなくても、少なくとも“人を憎み、争い、殺す”という行為を否定することはできる。誰もが持つ“憎しみの芽”を育てることなく、そして月並みだが人を愛し敬意をはらうことだ。
ポールの家族を愛し守りたいという強い思いが、結果的には1000人以上の命を救うことになったのだから。

すぐれた啓蒙映画であると同時に、完成度の高い、すばらしく面白い映画である。
事態が悪化していき、ポールやその家族が命の危険にさらされる緊迫感は尋常ではない。涙を流すことも忘れ、スクリーンに釘付けだった。
印象的なセリフの数々、役者たちの確かな演技。
わけのわからないホワイトバンドなんか買うより、この映画を観るべきだ。

この映画から得たもの。
とりあえず、私はずいぶん以前からの懸念事項となっている“骨髄バンク”の登録に行く気になりました。

評価:★★★★★

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 23:59 | Comment(23) | TrackBack(79) | LOG #は-ほ
この記事へのコメント
TBありがとうございました☆
渋谷は満員札止めでしたか。
それだけ多くの人が興味と関心を持ってくれているということですよね。
上映館が増えることも期待しています。

Posted by Ren at 2006年01月19日 23:03
TBありがとうございました。
そんなに盛況だったんですね。
私も何をすればいいのか考えて、なるべく多くの人に「見る」そして「感じる」ことを伝えていくつもりです。
まず大きな劇場に行くといいですね。
Posted by foo at 2006年01月20日 00:01
TBありがとうございました。
そんなに盛況だったんですね。
私も何をすればいいのか考えて、なるべく多くの人に「見る」そして「感じる」ことを伝えていくつもりです。
まず大きな劇場で上映されるといいですね。
Posted by foo at 2006年01月20日 00:01
bambiさん、こんにちわ。
この作品は、サービス・デイじゃなくても大混雑していそうなイメージがあります。並ぶのは嫌いだけど、この作品の評判がグングン高くなる事は素直に嬉しいです。
>わけのわからないホワイトバンドなんか買うより、この映画を観るべきだ。
正に、「とにかく観てください」の一言に尽きますよね。私は、1週間経っても、おススメしまくっております!
Posted by 隣の評論家 at 2006年01月20日 21:29
こんばんは♪
bambiさんが行かれた時も激混みだったのですねー
しばらくこの混雑は続きそうですね。
ワタシも隣の評論家さんと同じく
胡散臭そうなホワイト・バンドよりも(=買った方失礼!)
この映画を観てストレートに感じて欲しいです。
是非1人でも多くの人に観て貰いたいと思いました。
順次全国公開になって良かったです。
でも、こういう映画こそ、シネコンなどで上映するべきなのにね。
Posted by Puff at 2006年01月20日 22:21
有頂天も合わせてTBありがとうございました〜
さわわが行った時も激込みでした。
この勢いでもっと拡大上映して欲しいです。
大きいスクリーンでもう一度観たい!
さわわもあまりの衝撃で泣くことも出来ませんでした・・・
Posted by さわわ at 2006年01月20日 23:03
コメントいただいた皆様、ありがとうございました。
本日から川崎でも上映のようですね。渋谷の混雑が少しは緩和されるといいのですが。
昔、川崎に住んでいてチネチッタにはよく行きましたが、都内でもあのレベルの劇場で上映して欲しいものです。

シアターN渋谷、開館そうそうこのような映画をかけることに気概を感じました。
でも内装はほぼユーロスペースのまま…
座席の傾斜もなく字幕が見にくかったりして、ちょっと残念な環境ですねぇ。

私は日ごろ周囲の人と映画の話をすることはあまりないのですが、この映画はひっそりおすすめしていきます。
Posted by bambi@管理人 at 2006年01月21日 09:47
どうも!久々に『カリスマ映画論』の睦月です!
いやいや、この作品すごかった!2006年早々にこんな作品を観てしまっては後々の作品が全て駄作に思えてしまうのではないかというほど睦月の中では高評価です。
たしかに劇場は観にくくてひどかったですけどね(悲)
ところで、bambiさん、『赤ちゃんの逆襲』観に行かれませんか?
Posted by 睦月 at 2006年01月21日 11:05
■睦月さま
今日は東京ではめずらしい雪景色となりましたね。
映画館に行くか否か悩んでおります…

この映画、私も間違いなく今年のベストに入りそうです。

「赤ちゃんの逆襲」、ノーチェックでしたが、睦月さんにおすすめいただけるとは気になります。
そうか、ちょっとスケジュールに組み込んでおこうかな…
Posted by bambi@管理人 at 2006年01月21日 13:40
この映画が公開されて本当によかった。
大入り満員なのも嬉しいです。
やはり最初の一歩は関心を持つこと。
そこから先は個々が考えれば良い事ですからね。
映画を観た人達に、メッセージはしっかり伝わったと思います。
Posted by ノラネコ at 2006年01月26日 12:19
■ノラネコさま
こう言っては語弊があるかもしれませんが、遠くのアフリカの現状を嘆くより、まずは身近なこと、できることからしていけば良いと思います。
ホワイトバンドは買いませんけどね。
Posted by bambi@管理人 at 2006年01月28日 00:15
こんにちは。
遅ればせながらやっと観にいくことができました。
久々にガツンときました。
メッセージ性に凝り固まることなく
素晴らしい映画に仕上がってましたね。
あまりに揺さぶられすぎて
自分はいったいなにをやってるのか
自問してしまいました^_^;
時間をかけて考えたいと思います。
Posted by Yin Yan at 2006年02月08日 00:06
こんにちは!
私もやっと観てきました。
遠い国のことだから――と無関心でいることが、何よりも罪なことなんだと痛感しました。
でも、観て良かったです!!
そして出来れば、たくさんの人達にも観て、何かを感じてもらいたいです。
Posted by honu at 2006年02月19日 08:03
■honuさま
私は,まず気にかけるのは遠くのアフリカ人より身近な日本人と思ってますが,そもそも現状を知らなければ何もできないし,感じることすらありません。
観るべき映画と思いますし,テーマ性のみでなくエンタテイメント性も高いのでおすすめしやすくていいですね。

来週あたり,相方引きずってまた観に行こうと思ってます。
Posted by bambi@管理人 at 2006年02月20日 09:02
トラバ有難う御座います♪
こちらからは飛ばせないようですので、リンクURLだけ貼らせて頂きますね
昨年のオスカー授賞式でのドン・チードルを見た時から見たかった作品です。
辛い作品ですが、沢山の人に見てもらいたいですよね・・
Posted by マダムS at 2006年03月11日 09:14
TB有難うございました。TB返させていただきました。
本当に強烈な映画でしたね。
強いメッセージ性を持っていて、それでいて映画としても素晴らしい出来でした。
bambiさんの感想の、
>>わけのわからないホワイトバンドなんか買うより、この映画を観るべきだ。
は良かったです(笑)。
300円で出自も解らん免罪符を買って、しかもこれ見よがしに腕に着けて悦に入るよりも、こういった映画を見て重さを受け入れて欲しいもんです。
Posted by すっしー at 2006年03月12日 00:01
■マダムSさま
私はこのあいだ、2度目の鑑賞に行ってきましたが、まだまだ混んでいますね。
“良い映画は口コミで広がる”ってこういうことかぁ、と体感しました。

■すっしーさま
最近見ないですねぇホワイトバンド着けてる人。どこ行っちゃったんでしょう?
せっかく買ったんなら身に着けないと意味がないのに…ナゼ買ったのか? わけがわかりません。
Posted by bambi@管理人 at 2006年03月12日 10:51
TBありがとうございました。
こちらからもTBさせていただきますね。
この映画観てから、私はアフリカという地域について興味をもつようになり、他の国でもルワンダと同じような惨劇が繰り返されていたことを知りました。この映画は、事実を知るためのチャンスだと思います。
本当、沢山の人に観て貰いたいです。
Posted by gozen at 2006年03月12日 19:17
こんばんは〜。私が見にいったときも立ち見も満席で、次回の整理券も更に満席で立ち見でみました汗。

でもルワンダについて全く知らなかったので、この事実をしっただけでも見た価値のある映画でした。エンディングの曲がまたぐっときましたよねぇ〜。
Posted by goma at 2006年03月12日 20:43
■gozenさま
映画を通して興味の幅が広がるのは素晴らしいですね。
少し古いですが、私は箒木蓬生の「アフリカの蹄」を思い出しました。テーマはぜんぜん違いますが、アフリカの日常描写が秀逸でした。
もしよろしかったら読んでみてください。

■gomaさま
立ち見ですかぁΣ (゚Д゚;)
シアターN渋谷の極小キャパは致命的ですね…
でもあそこ、座ってみると前の人の頭がけっこうスクリーンにかぶるので、立ち見のほうがむしろ見やすいかもしれません。そんな劇場って…

エンディング、印象的でしたね。
Posted by bambi@管理人 at 2006年03月13日 19:38
こんにちは。TBありがとうございました。私からのTBが二つ行ってしまいました。すみません。やらかしました(笑)。削除お願いします。

>具体的に何かできれば素晴らしいことだが、たとえ何もできなくても、少なくとも“人を憎み、争い、殺す”という行為を否定することはできる。誰もが持つ“憎しみの芽”を育てることなく、そして月並みだが人を愛し敬意をはらうことだ。

まったくですねえ。私としては、やはり我々の身近にあるヘイトスピーチやレイシズム的なものに対してもう少し敏感にならないと、と思いました。虐殺に至らなくても、人は傷つきますし。虐殺(またはヘイトクライムのような物理的暴力)まではやってないからOKみたいな発想は嫌です。


>でも内装はほぼユーロスペースのまま…座席の傾斜もなく字幕が見にくかったりして、
>座ってみると前の人の頭がけっこうスクリーンにかぶるので

まったくですねえ。前の人の首が動くたびに、こっちも首を右に左に動かしてました(笑)。おまけに、後ろの人の邪魔にならないように気を使わなきゃならないし。でも、あのしょぼいところが好きです(笑)。
Posted by Mudaidesuvic at 2006年03月14日 05:19
■Mudaidesuvicさま
なんか,首を振っている人が多いですよねw>シアターN渋谷

ユーロスペースのころから見づらい劇場でしたが,雑居ビルの1フロアだし,あまり大がかりな手は加えられないのかなぁ。
その分,質でがんばってもらいたいですね。
Posted by bambi@管理人 at 2006年03月15日 10:35
こんにちは。初めまして。
僭越ながら、TBさせていただきます。
今年屈指の傑作というだけでなく、生涯忘れられない映画になりそうです。

骨髄バンク、登録できましたか?
僕はドナー経験者です。
ご縁があるといいですね。
Posted by ginpei_chan at 2006年07月21日 07:41
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11899210

この記事へのトラックバック

スタンド アップ
Excerpt: 「モンスター」で美貌以外のところでも十分に勝負できる女優であることを証明して見せたシャーリーズ・セロンの主演作です。 夫の暴力に耐えかねて離婚し、故郷の北ミネソタに帰ってきたジョージー(シャーリ..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-01-19 22:30

ホテル・ルワンダ HOTEL RWANDA
Excerpt: ドン・チードル主演 1994年に起こった ルワンダの大虐殺を描く実話を基にした映画 約80万人が虐殺されたと言うルワンダ その中で 外国人向け一流ホテルの支配人ポールが多くの難民を ホテル内に隠..
Weblog: travelyuu とらべるゆう MOVIE
Tracked: 2006-01-19 22:44

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 日本版公式サイト http://www.hotelrwanda.jp/ 試写会@シネセゾン渋谷 12/19 日本未公開になりそうだった為、ネット上で(というか主にmixiで)"公開を..
Weblog: No Need To Argue
Tracked: 2006-01-19 22:49

ホテル・ルワンダ
Excerpt: ホテル・ルワンダ原題:HOTEL RWANDAhttp://www.hotelrwanda.jp 2004年/南アフリカ=イギリス=イタリア/日本語字幕:田中武人 配給:メディア・スーツ、インター..
Weblog: 如意宝珠
Tracked: 2006-01-19 22:54

映画:「ホテル・ルワンダ」
Excerpt: 監督: テリー・ジョージ 出演: ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティ、ホアキン・フェニックス、ジャン・レノ 原題: HOTEL RWANDA..
Weblog: 遠慮無く…書くよ!
Tracked: 2006-01-19 23:29

2 ホテル・ルワンダ
Excerpt: 新年初試写は、「ホテル・ルワンダ」でした。 昨年のアカデミー賞から気になっていて、日本で公開されないらしいとぼんやり知っていました。で、私も参加しているmixiから「ホテル・ルワンダを日本公開を..
Weblog: 毎週水曜日にMOVIE!
Tracked: 2006-01-20 00:02

映画: ホテル・ルワンダ
Excerpt: 邦題:ホテル・ルワンダ 原題:HOTEL RWANDA 監督:テリー・ジョージ
Weblog: Pocket Warmer
Tracked: 2006-01-20 01:38

ホテル・ルワンダ(ネタばれ無し)
Excerpt: テストが始まる前に、前から見たかった映画『ホテル・ルワンダ』を見てきました! 「
Weblog: Pensee ne changeant jamais<br>??只今留学準備中??</br>
Tracked: 2006-01-20 02:16

ホテル・ルワンダ
Excerpt: ★本日の金言豆★ 「フツ族」「ツチ族」などの「〜族」という呼称は、差別を連想させるものとして、現在公式の場では使用されない。本作では話をわかりやすくするためにあえて使用。
Weblog: 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等
Tracked: 2006-01-20 12:42

【ホテル・ルワンダ】
Excerpt: 1994年、ルワンダの首都キガリ。 多数派のフツ族と少数派のツチ族の内戦はようやく終息したものの街は依然不穏な空気に包まれていた。 ベルギー系の高級ホテル“ミル・コリン??..
Weblog: にゅるろぐ
Tracked: 2006-01-20 13:22

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 「ホテル・ルワンダ」HOTEL RWANDA / 製作:2004年、カナダ=イギ
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2006-01-20 21:24

「ホテル・ルワンダ」
Excerpt: 公式サイト シアターN、公開4日目初回です。 余裕を持って25分前に到着。 しかーーーし!既に長蛇の列が並んでいるではありませぬか!! 全員入れましたが満席となりました。 上映開??
Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary
Tracked: 2006-01-20 22:09

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 満足度 測定不可 この作品は1994年アフリカ内のひとつの国で実際に起こった実話を基に製作されました この映画を観られた方がみなおっしゃるようにさわわもこの言葉を書かせて??
Weblog: だらだら映画・和日和
Tracked: 2006-01-20 22:59

■ホテル・ルワンダ Hotel Rwanda ドン・チードル ニック・ノルティ
Excerpt: ■Hotel Rwanda ホテル・ルワンダ ●1994年、人類の歴史で最悪の残虐行為の一つ、それはルワンダで起こった。最先端の情報収集技術が24時間体制で飛び交うメディア合戦の時代に、このルワンダ..
Weblog: ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY
Tracked: 2006-01-21 01:17

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★★  とにかく観てください。
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2006-01-21 02:37

「ホテル・ルワンダ」
Excerpt: 「売れそうにないから」との理由で日本公開が見送られ、熱狂的ファンの署名活動により、ようやく公開になったこの映画。あなたの思いを語ってください。
Weblog: 共通テーマ
Tracked: 2006-01-22 19:51

『ホテル・ルワンダ』
Excerpt: 2004年 南アフリカ イタリア イギリス 公開日:2006/01/14 劇場鑑賞06/01/25 ..
Weblog: 異国映画館
Tracked: 2006-01-26 00:03

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 「ただ一つの強い思いが、1200人の命を救った」 監督、脚本:テリー・ジョージ 出演:ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティー、ホアキン、フェニックス 劇場:CINECITTA\..
Weblog: きょうのあしあと
Tracked: 2006-01-26 00:39

ホテルルワンダ・・・・・評価額1800円
Excerpt: この映画、本来日本公開の予定が無かったのだが、ネット上の署名活動で公開が決まったのだそうだ。 運動を展開した「『ホテル・ルワンダ』日本公開を求める会」、そして彼らに答えた??
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2006-01-26 12:17

「ホテル・ルワンダ」見てきました。
Excerpt:  最近見たい映画と言えば、ホテルルワンダかTHE有頂天ホテル。どちらもホテルつながりですが、内容はまったく違うこの映画。どっちを見に行こうかなぁ??。というわけで、なんとなくホテルルワンダに決定。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2006-01-29 00:17

皆に是非見て欲しい 『ホテル・ルワンダ』
Excerpt: まだひと月しか経ってないけど、 今年のベスト映画3本の指には必ず入ると断言出来る映画に出会ってしまった。
Weblog: VIVA!ちどりあし
Tracked: 2006-02-01 15:01

映画「ホテル・ルワンダ」
Excerpt: 原題:Hotel Rwanda 1994年、アフリカはルワンダで民族の対立による大量虐殺の嵐が吹き荒れるなか、逃げまどう人々をホテル&quot;ミル・コリン&quot;にかくまう支配人の物語。 ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-02-02 01:33

★「ホテル・ルワンダ」
Excerpt: 当初、日本では公開予定がなかったのに・・・ 署名運動で公開にこぎつけた・・・って話の映画だよね。 主演もドン・チードルだし・・・ 実話らしいし・・・ チネチッタのポイント貯まってるし・・・ ..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-02-02 23:43

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 観に行きたいと思っていたら、 昨夜の「虎の門」という番組の 「こちとら自腹じゃ!」というコーナーで、 井筒監督が絶賛していた。 こちとら自腹じゃ! HP いてもたっても入られないほど..
Weblog: 映画君の毎日
Tracked: 2006-02-05 02:21

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 善人になりたいと思った。どちら側から見て善人とか悪人とか、そんな視点の切り替えで変わってしまうような、逆に言えば立場がその人間の善悪の判断をつかさどるような、そういうものじゃなく、自分以外の存在のため..
Weblog: 俺の話を聴け〜!
Tracked: 2006-02-07 22:14

ルワンダの話を聞いてくれ
Excerpt: 25「ホテル・ルワンダ」(南アフリカ・イギリス・イタリア)  ほんの10年ちょっと前の1994年、アフリカのルワンダではフツ族とツチ族の民族間の争いが激化していた。国連の働きで和平協定が結ばれたはず..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2006-02-09 02:01

HOTEL RWANDA
Excerpt: ホテル・ルワンダ 先週、「ミュンヘン」のレビューを書いたが、どうやら今月は世界平和を考える強化月間、らしい。 あらすじは公式サイトと、「ホテル・ルワンダ日本公開を求める会」(現在は応援する会に..
Weblog: Mein Sommernachtstraum
Tracked: 2006-02-12 22:52

ホテル・ルワンダ(HOTEL RWANDA)」
Excerpt: ●ひとりの男が家族を守る「アフリカのロト」ともいえる人間ドラマ●
Weblog: わかりやすさとストーリー
Tracked: 2006-02-13 13:36

『ホテル ルワンダ / HOTEL RWANDA』 ☆今年13本目☆
Excerpt: 『ホテル ルワンダ』公式サイト:http://www.hotelrwanda.jp/原題:HOTEL RWANDA製作:2004年イギリス、イタリア、南アフリカ監督:テリー・ジョージ出演:ドン・チ..
Weblog: honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
Tracked: 2006-02-19 08:07

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 悔しくって涙が止まらなかったです。生きる価値のある人間と価値のない人間なんて居ないはずなのに世界はアフリカの貧しい国の人々を見殺しにしたなんて・・・人間として恥ずるべきです。この事件を知らなかった私も..
Weblog: Alice in Wonderland
Tracked: 2006-02-21 10:45

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 『ホテル・ルワンダ』 (2004)HOTELRWANDA上映時間122分製作国イギリス/イタリア/南アフリカジャンルドラマ/サスペンス/戦争「愛する家族を守りたい」ただ1つの強い思いが、1200人の命..
Weblog: がちゃのダンジョン 映画&本
Tracked: 2006-02-23 11:52

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 1994年といえば、ワールドカップ・アメリカ大会の年。 これは、ドーハの悲劇よりも、あとの出来事なんです。 4月6日にフツ族の大統領が殺され、それから3ヶ月間(4月、5月、6月)に 100万人もの人..
Weblog: 映画で綴る鑑賞ノート
Tracked: 2006-02-26 17:55

映画鑑賞記「ホテル・ルワンダ」
Excerpt: 鑑賞日:06.02.10 鑑賞場所:AMCイクスピアリ16 1994年に、人口の1割、100万人弱の国民が虐殺された国があることを知っている人がいるだろうか? アフリカ中央に位置する小さな国「ルワ..
Weblog: けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ
Tracked: 2006-03-03 08:50

【劇場映画】 ホテル・ルワンダ
Excerpt: ≪ストーリー≫ フツ族とツチ族の間で続いていた内戦が終息、和平協定が結ばれようとしていた1994年、ルワンダの首都キガリ。外資系高級ホテル、ミル・コリンの支配人ポールは、近くフツ族の民兵によるツチ族..
Weblog: ナマケモノの穴
Tracked: 2006-03-03 19:49

「ホテル・ルワンダ」の悲劇は何が原因か
Excerpt: 話題沸騰だった(まだ中かな)「ホテル・ルワンダ」をようやく観ることができた。アフリカを舞台にした民族対立、大量虐殺がテーマという映画は極めて珍しい。最初は東京、大阪でしか上映しておらず、京都では難しい..
Weblog: 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
Tracked: 2006-03-10 13:41

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 映画館で、出演:ドン・チードル/ソフィー・オコネドー/ニック・ノルティ/ホアキン・フェニックス/ジャン・レノ/ハキーム・ケイ=カジーム/デズモンド・デュベ/デイヴィット・オハラ/カーラ・シーモア/ファ..
Weblog: Rohi-ta_site.com
Tracked: 2006-03-10 14:25

ホテル・ルワンダ
Excerpt: HOTEL RWANDAニガーでもない彼らを世界は救わなかった。 私はこの映画を知るまで真実を知らなかった。 「ホテル・ルワンダ」が日本公開され、多くの日本人がこの映画を見ることが出来るのは喜ばし..
Weblog: tsublog@theatre
Tracked: 2006-03-10 21:55

ホテル・ルワンダ@シアターN渋谷
Excerpt: 実話を基にしているといってもそれはピンからキリまであり、脚色が甚だしいものでも、そう謳われることがある。本作は事実に対して忠実に作られたと感じた。物語のリアリティは、主人公ポール・ルセサバギナの人間性..
Weblog: ソウウツおかげでFLASHBACK現象
Tracked: 2006-03-10 22:00

ホテル・ルワンダ/ドン・チードル、ニック・ノルティ、ジャン・レノ
Excerpt: アフリカ版『シンドラーのリスト』。1994年、中央アフリカのルワンダで実際に起きた、大虐殺にも発展してしまった内戦の最中で、多くの人の命を救ったあるホテル支配人の物語です。最初にこの映画の存在を知った..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2006-03-10 22:02

映画 「ホテル・ルワンダ 」
Excerpt: 映画 「ホテル・ルワンダ 」 の試写を有楽町朝日ホールにて。
Weblog: ようこそMr.G
Tracked: 2006-03-10 22:39

ホテル・ルワンダ
Excerpt: ホテル・ルワンダ  脚本:ケア・ピアソン、テリー・ジョージ  監督:テリー・ジョージ  キャスト:ドン・チードル /ソフィー・オコネドー/ホアキン・フェニックス        デズ..
Weblog: Ties??こころ??
Tracked: 2006-03-10 23:09

『ホテル・ルワンダ』と「10セントの鉈(なた)」
Excerpt: ホテル・ルワンダを見てきました。 いい映画です。 しかし僕が宣伝するとどうにも重苦しい印象にしかならないと思うのですね(笑)。 ですから「どんな映画じゃー!?」という方は、公式サイトか、『ホテル..
Weblog: 「ベルの箱庭」の記録帳
Tracked: 2006-03-10 23:25

『ホテル・ルワンダ』を観ました。
Excerpt: それは1994年の出来事・・・。 今からたった十数年前の平成の世に起こった惨劇。 思い出してみて下さい。 あなたはその頃何をしていましたか? 人それぞれ、色々な出来事があったにせよ..
Weblog: 0120 Blog
Tracked: 2006-03-10 23:38

映画鑑賞ホテル・ルワンダ
Excerpt: さっそく昨日から上映された,『 ホテル・ルワンダ 』。   を観て来た。座席数が60人で満席のミニシアターはモダンとはいえなくもないが、今にも消えそうなおんぼろの映画館。たくさんの人が話題先行もあって..
Weblog: 女将、今日も走る!
Tracked: 2006-03-11 00:34

『ホテル・ルワンダ』
Excerpt: 署名運動の末、一般公開にいたったことを嬉しく思う。 1人ひとりがポール・ルセサバギナのような行動をとることは難しいだろうけど、ポールの行動を正しいと思う人が大多数である世ならば捨てたものじゃないかも..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2006-03-11 11:08

ホテル・ルワンダ
Excerpt: あらすじ【→Yahoo MOVIES】 1994年、ルワンダの首都キガリ。高級ホテル「ミル・コリン・ホテル」で働く支配人のポール(ドン・チードル)は毎日順調に仕事をこなしていたが、ある晩、ホテルから..
Weblog: ** empty
Tracked: 2006-03-11 11:21

■ホテル・ルワンダ(HR)
Excerpt: at チネチッタ 9   2006 02/10 この作品に対しては、映画的な完成度がどうのとか、演出がどうしたとか、シナリオの出来うんぬんとか、そんなもん語ること自体が失礼というもんだ。 この..
Weblog: CINEMA STADIUM
Tracked: 2006-03-11 11:40

「ホテル・ルワンダ」
Excerpt: 体調不良で延び延びになり、今日やっと観にいくことができた。 1月14日公開以来かなり混雑しているといううわさは聞いていたが、4週目をむかえても、初回立ち見が出ていた。
Weblog: MIWOのレタスなLOGBOOK
Tracked: 2006-03-11 11:47

欧米の傲慢が引き起こした民族同士の衝突  「ホテル・ルワンダ」
Excerpt: 土曜日、映画「ホテル・ルワンダ」を観に行った。 アフリカの小国ルワンダにおけるフツ族とツチ族の対立という内戦の中、ツチ族の妻をもつフツ族の夫であり多くの外国人観光客・メディアが宿泊するホテルの支..
Weblog: Borderzero
Tracked: 2006-03-11 12:20

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 雪だ、雪だ〜♪ 土曜日の朝、目覚めるとあたりは真っ白だった。全国的に例年にない積雪が伝えられるこの冬だけど、横浜、東京周辺で本格的に積もったのはこれが初めてだろう。 センター試験の受験生にとっては思わ..
Weblog: むびろぐ
Tracked: 2006-03-11 14:28

映画「ホテル・ルワンダ」
Excerpt:  名古屋での公開が遅れていた映画「ホテル・ルワンダ」がやっと公開され、名演小劇場
Weblog: Serendipity !
Tracked: 2006-03-11 17:50

ホテル・ルワンダ/Hotel Rwanda
Excerpt: 現在公開中の「ホテル・ルワンダ」観てきました。一昨年に海外で話題になって以来、日本公開を楽しみにしていた映画です。 シアターN渋谷は朝から激混み。「残り10席です」と受付寸前に言われた時は立ち見を覚..
Weblog: マジック・映画について思うこと
Tracked: 2006-03-11 19:31

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 2004/南アフリカ=イギリス=イタリア 監督:テリー・ジョージ 出演:ドン・チードル    ソフィー・オコネドー    フォアキン・フェニックス    デズモンド・デュベ    デイヴィ..
Weblog: Lovely Cinema
Tracked: 2006-03-11 20:45

「 ホテル・ルワンダ 」
Excerpt: 監督・脚本 : テリー・ジョージー 主演 : ドン・チードル /ソフィー・オコネド /ホワキン・フェニックス      公式HP:http://www.hotelrwanda.jp/ 原題:HOTEL..
Weblog: MoonDreamWorks
Tracked: 2006-03-11 23:13

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 1994年。その年の日本は村上政権が誕生し、関空が開港、向井さんは宇宙に飛び、そして若者は茶髪でプレステに明け暮れ、ヤンママと呼ばれる人種が出現した。そんな平和ぼけの一方で、ルワンダでの大虐殺は起..
Weblog: わたくしぶろぐ おもしろぶろぐ
Tracked: 2006-03-12 02:07

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 「ホテル・ルワンダ」を観た。 「愛する家族を守りたい。」ただ1つの強い思いが、1200人の命を救った...。  1994年、アフリカのルワンダで長年続いていた民族間の諍いが大虐殺に発展??
Weblog: 雑記のーと Ver.2
Tracked: 2006-03-12 02:39

「ホテル・ルワンダ」 (イギリス/イタリア/南アフリカ 2004年)
Excerpt: わずか100日で100万人が惨殺された時に 1200人の命を救った男がいた・・・。
Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常
Tracked: 2006-03-12 09:35

[ ホテル・ルワンダ ]あなたは何を感じますか
Excerpt: [ ホテル・ルワンダ ]@シアターN渋谷で鑑賞。 すごい人気である。老若男女問わず、多くの人が観に来て いる。シアターN渋谷も毎回、満席に近い状態だ。 [ ホテル・ルワンダ ]は2004..
Weblog: アロハ坊主の日がな一日
Tracked: 2006-03-12 11:00

ホテル・ルワンダ
Excerpt: やっと見れました。 チネチッタ CINE9(154席) 19:35?? お客さんは、8割入りぐらいでした。 非常に見ごたえのある作品。 変に英雄くさい作りに仕立てられていなく、常人の目..
Weblog: chakuro.com-ガンプラ日記にょ
Tracked: 2006-03-13 01:30

ホテル・ルワンダ
Excerpt:   土曜日に「ホテル・ルワンダ」を観て来ました。  見に行ったのは渋谷のシアターN。 ここは真っ先に公開を決定したミニシアターでしたが、ミニシアターだけにキャパが少なく、毎回満員御礼の立ち見状態のよ..
Weblog: 読書発電所
Tracked: 2006-03-13 07:29

映画:ホテル・ルワンダ
Excerpt: 「この(虐殺の)映像を流しても『怖いね』とディナーを続けるだけだ」 1994年当時、ルワンダ虐殺のニュースを聞いたとき、同じように思った記憶があります。 ツチ族とフツ族の紛争がエスカレートした..
Weblog: 駒吉の日記
Tracked: 2006-03-13 16:22

??????????祉?????潟?
Excerpt: ????ャ???????????祉?????祉??????祉?泣??????帥????????2??????緇????Τ??????絎????Τ?????ゃ??????????????c???..
Weblog: Literally Memodesuko Mudaidesuvic
Tracked: 2006-03-14 05:04

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 昨日、「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」の2時間後に観た。実は観るつもりはなかった。正直「いまさらもういいよ」とか思ってた。でも、井筒監督が「虎ノ門」で「観にいけ!」って言ってたし、興行成績に貢..
Weblog: Literally Memodesuko Mudaidesuvic
Tracked: 2006-03-14 05:07

繝ォ繝ッ繝ウ繝?蜻ス縺ョ迚ゥ隱槭?後?繝?Ν繝サ繝ォ繝ッ繝ウ繝?縲榊?髢
Excerpt: 謌ヲ轣ォ縺ョ繝ォ繝ッ繝ウ繝?縺ァ縲?1200莠コ縺ョ蜻ス繧呈舞縺」縺溘?縺ィ繧翫?逕キ縲後?繝?Ν繝サ繝ォ繝ッ繝ウ繝?縲榊?蠑上し繧、繝医せ繝医?繝ェ繝シ繝輔ヤ譌上→繝?メ譌上?髢薙〒邯壹>縺ヲ縺?◆..
Weblog: 譏?逕サ螂ス縺埼寔繧鯉シ?シ
Tracked: 2006-03-14 22:37

??????????祉?????潟?
Excerpt: ?????????????祉?????潟????????(???04鐚???ゃ?????鴻?祉?ゃ?帥???≪?糸????≪???????) ??g?o?????????若?祉?吾?с?若?吾??..
Weblog: ?????祉?障?帥?
Tracked: 2006-03-15 08:37

Hotel Rwanda 
Excerpt: 衝撃的でした。 ルワンダの内戦が悲惨であること。 しかし、それよりも、いかによその国の人たちが無関心でいられるかという事実。 映画の中で外国からの報道陣が出てきます。 内戦が始まったと..
Weblog: 有閑マダムは何を観ているのか?
Tracked: 2006-03-15 10:55

◎ホテル・ルワンダ----有楽町シネカノンにて
Excerpt: ホテル・ルワンダや〜〜〜っと観てきました!ずっと前から、観にいきたかったんですが、大会が終わったのでようやく観ることが出来ました!!わたくしがこの映画を知るきっかけになったのがこちらの↓サイト『ホテル..
Weblog: ◎新けろり〜な王国◎
Tracked: 2006-03-16 13:39

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 我が妻と 我が子の命 救いたまえ   ホテル・ルワンダ、実際のホテル名ではない。しかし、このタイトルがルワンダという国とともに、もっとも秀でたホテル・マネージャーを思い出させるだろう。おそら..
Weblog: 空想俳人日記
Tracked: 2006-03-16 22:33

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 日本公開は危ぶまれていたが、若者によるインターネットでの署名運動が功を奏し、公開が実現した話題作。 フツ族とツチ族の間で続いていた内戦が終息、和平協定が結ばれようとしてい??
Weblog: impression
Tracked: 2006-03-28 00:33

【映画】 ホテル・ルワンダ ★★★★
Excerpt: ストーリー: フツ族とツチ族の間で続いていた内戦が終息、 和平協定が結ばれようとしていた1994年、ルワンダの首都キガリ。 外資系高級ホテル、ミル・コリンの支配人ポールは、 近くフツ族の民兵によるツチ..
Weblog: 徒然なるままに・・・
Tracked: 2006-04-08 09:59

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 「ホテル・ルワンダ」 2006年 南ア/伊/英合作 ★★★★★ 感慨無量です! 観終わった後もやり切れなさは残るものの 史実に 向き合えて、魂が揺さぶられる思いをして 涙し、胸を打た..
Weblog: とんとん亭
Tracked: 2006-05-06 09:35

ホテル・ルワンダ
Excerpt:  どうしてイギリスのようにアフリカ連合国にならないの?
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2006-05-26 08:16

映画のご紹介(138) ホテル・ルワンダ
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(138) ホテル・ルワンダ-アフリカは、遠い。 大都市での公開から遅れること数ヶ月。 ようや..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2006-06-04 15:28

ホテル・ルワンダ/テリー・ジョージ
Excerpt: 1994年のフツ族によるツチ族の大量虐殺は、過去のことと呼べるほど昔のことではありません。人類にとって教訓とすべき大きな事件だったと思います。その中で、1200人もの命を救った実在のホテルマンの話です..
Weblog: 文学な?ブログ
Tracked: 2006-06-20 23:36

『ホテル・ルワンダ』★★★★★★★★★★(10点)
Excerpt: 1994年の、アフリカ・ルワンダにおける100万人にも及んだ大虐殺事件において、 自身の家族をはじめとする1,200人超のフツ族、ツチ族、 そしてその孤児たちをホテルに匿って守り抜いた実在のホテル..
Weblog: ginpeichanの映画日記。
Tracked: 2006-07-21 07:43

ホテル・ルワンダ
Excerpt: 製作年度 2004年 製作国 イギリス/イタリア/南アフリカ 上映時間 122分 監督 テリー・ジョージ 製作総指揮 ハル・サドフ 、マーティン・カッツ 脚本 テリー・ジョージ..
Weblog: タクシードライバー耕作のDVD映画日誌
Tracked: 2006-08-28 10:03

妻みぐい
Excerpt: 不倫肉体関係専門ワケあり女がたくさん集まります!【ALL無料】スグに股開く女多数!
Weblog: 妻みぐい
Tracked: 2006-10-05 20:41

ホテル・ルワンダ
Excerpt: この映画、話題になりましたね。 DVDで鑑賞。 フツ族とツチ族の間で続いていた内戦が終息、 和平協定が結ばれようとしていた1994年のルワンダの首都キガリ。 外資系高級ホテル、ミル・コリン..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-11-10 11:49

愛する家族を守りたい。ただ1つの強い思いが1200人の命を救った・・・。―真実の物語―「ホテル・ルワンダ」
Excerpt:
Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー
Tracked: 2011-10-15 00:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。