2006年01月11日

輪廻(2005/日本/監督:清水崇)


rinnne.jpg昭和45年、群馬県のホテルで11人が惨殺される事件が起こる。動機も不明のまま、犯人の法医学教授・大森範久(治田敦)も謎の死を遂げる―。35年後の現代。この事件を題材にした映画の製作に執念を燃やす映画監督の松村(椎名桔平)。「記憶」と名付けられたこの映画のヒロインには新人女優の杉浦渚(優香)が大抜擢された。しかし渚は撮影が近づくにつれ不思議な少女の幻覚に悩まされていく。一方、女子大生の木下弥生(香里奈)も奇妙な夢を見続けていた。そんな彼女の前に前世の記憶を持つという女性・森田由香(松本まりか)が現われる。由香は、自分の前世は35年前の事件で殺された人物だ、と語り始める…。

ホラー度は抑えめながら、ストーリーが実によくできている。
渚と弥生のシークエンスが交互に描かれていく手法は、ふたりがいったいどこで交錯するのかという点がポイントとなるが、これがまったく予想外の邂逅を果たす。この展開には唸ってしまった。
序盤からさんざんミスリードさせておいて、そうくるか。やってくれるね清水監督。
途中、なにやら腑に落ちない箇所もあるが、最後にキレイに収束する感じが心地よかった。

ホラー度は抑えめと書いたが、恐怖のツボははずしていない。ストレートに来るものではないが、ジワジワと…。全編通して、何ともいえない緊張感が保たれているため、わずかなことでもビクビクビックルとさせられた。
ややあざとい気がしないでもないが、不気味すぎる人形と転がるスーパーボール、ジージーと回る8mmカメラといった小道具もそれなりに効果的。

皆さん書いてらっしゃいますが、優香の演技力・表現力には驚きましたですねぇ。女優の穴で修行でもしたのだろうか?
大仰すぎず、抑えすぎず、あんな目にあったらこうなるだろうなという、実にナチュラルな恐怖の演技をしていたと思う。
さらに、ラストの狂気の演技は圧巻。ゾクゾクしますよ。

以下はネタバレ気味かも。

転生者が一斉に集結し、惨劇が再現されたのが、なぜ35年後だったのか。
この年数自体にはあまり意味がないと思われる。おそらくトリガーは転生者の一人である松村が事件を掘り起こしたためだろう。
由香のようにはっきり前世を知っている者もいれば、弥生のようにおぼろげな者、渚のようにまったく記憶がない者もいる。転生者の前世の記憶にはずいぶん個人差があるが、転生者同士が出会うことにより、記憶が呼び覚まされ、前世の再現度合が加速し、さらに転生者を呼び寄せる。
そもそもは、松村が、35年前の犯人・大森教授の妻と接触したことが重要なフラグの一つだったのではないかと思う。

以下は疑問点。

―渚の元に、時空を超えて忽然と現われた8mmカメラ。唐突すぎである。
 大森教授が自殺したときにカメラはそこら辺に転がっていたはずだが、35年間どこに。
―由香の前世の客室係だけ殺され方が異質。最初の犠牲者だから余裕があったのかなぁ。
 それ以降の殺人は、もうめんどくさくなって出会い頭にザクザク斬りつけることにしたのかな。
―転生者の年齢がバラバラなのは、転生するまでの期間に個人差があるってこと?
 全員がうまいこと転生すること自体が不自然なんだし、思い切って年齢揃えてみても良かった気がする。

評価:★★★★☆

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 23:59 | Comment(9) | TrackBack(29) | LOG #ら-ろ
この記事へのコメント
 TBありがとうございますm(_ _)m

 新年一本目がホラーだったのですが、
内容よりも映写機トラブルの方がショ
ックでした(泣)

 なので、再開された時には、渚が既
に8_を持っていて「何処で!?」と
そればかりが気になってしまって。

 なるほど、疑問点まさしく同感です。
そもそも、あのホテルで実験?を行う意
味もあまり感じられなかったよーなw

 それでも、及第点以上の出来映えでした♪
Posted by たましょく at 2006年01月12日 00:49
異質な死に方、あれは大森の妻のしわざでは??
Posted by まさ at 2006年01月12日 04:40
>たましょくさま
>>そもそも、あのホテルで実験?を行う意
>>味もあまり感じられなかったよーなw
実験のためであれば,家族だけでもよかったはずですねぇ。
自宅を汚したくなかったのか…勝手なヤツだw

>まささま
大森の妻は最初に斬りかかられて重態だったはずなので,連続殺人には関与していないと思いますが。
私,何か見落としてますかね?
Posted by bambi@管理人 at 2006年01月12日 08:56
いきなりの書き込みですみませんでしたm(__)m私の勝手な推測です。フィルムの中に吊しているシーンが無かったことや、事件の唯一の生存者が妻であったり、謎が多すぎて…考えすぎですかね。
Posted by まさ at 2006年01月12日 14:10
>まささま
いえいえ,この映画の解釈については私も3通りくらい思いつきました。

@事件の被害者が転生し,一丸となって転生した犯人に復讐
 ⇒これはストーリー通り
A転生とか生まれ変わりではなく,事件関係者の残留思念が無関係の人々に憑依し操っていた
 ⇒年齢バラバラなのも納得
B実は,犯人だけ転生していない
 ⇒犯人の転生者(とされた人物)はたまたまそういう力があり,事態に共鳴し巻き込まれてしまっただけ

大森の妻の役割は気になるところですね…。
ブキミちゃん人形は妻が保管していたようなので,案外8mmカメラの出所もここかもしれません。
Posted by bambi@管理人 at 2006年01月12日 15:09
bambiさま
TBありがとうございました。ふむふむ、ナルホドですね。きっちりと分析していらっしゃるので、私も頭の中を整理する事ができました!
この作品に「呪怨」の伽耶子役の女優さんが出ていると聞いたのですが、もしかして『由香の前世の客室係』の人ですかね?インパクトからいって、そうなのか?と今更思っちゃいました。
Posted by 隣の評論家 at 2006年01月12日 22:18
>隣の評論家さま
あっ、そうみたいですね。
どこかで見かけましたが、あの客室係が伽耶子さん(役の方)とのこと。

伽耶子さん、呪怨では毛髪で人を吊るしていましたが、輪廻では吊るされる側に…( ゚Д゚)
Posted by bambi@管理人 at 2006年01月13日 00:44
TBどうもです。
私もなぜ35年後だったのか?というところが気になってたんですが、こちらのレビューを読ませていただいて納得するところがありました(^^)
Posted by takara at 2006年01月13日 20:45
>takaraさま
推測ですので実際の意図は不明ですが…>35年後。
松村が映画監督になって、こういう映画を撮れるようになったからこそ事態が動いたということではないですかね?
Posted by bambi@管理人 at 2006年01月14日 00:11
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11595309

この記事へのトラックバック

輪廻
Excerpt: 「輪廻」 評価 ★★★☆☆ (3.2) 『あらすじ』  新人女優の杉浦渚(優香)は、実際にあった殺人事件をモチーフにした映画「記憶」のオーディション を受ける。女優と..
Weblog: 何を書くんだろー
Tracked: 2006-01-12 00:50

「輪廻」超怖かったです
Excerpt:  最近の邦画ホラーは怖いですよね。呪怨はDVDで昼間に、しかも友人と見たのに怖かったし、先日もTSUTAYAで旧作半額セールをやっていたので感染を借りてみました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2006-01-12 01:04

映画: 輪廻
Excerpt: 邦題:輪廻 監督:清水崇 出演:優香、香里奈、椎名桔平 製作:2006年、日本
Weblog: Pocket Warmer
Tracked: 2006-01-12 01:12

【輪廻】回る回る回る。。。
Excerpt: ひと言で感想言わせていただけば。。。面白かったです。ストーリーが練られていた。さすが清水崇監督だと思いました。「呪怨」では、飛び飛びのストーリーが一つになっていく様が恐かったわけですが、このストーリー..
Weblog: 見取り八段・実0段
Tracked: 2006-01-12 01:28

輪廻
Excerpt: 怖くて悲しいホラードラマ。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-01-12 10:11

輪廻
Excerpt: 新年早々、やってしまいました…orz。 どうも最近のジャパン・ホラーは外しまくっているような気がする。ストーリーとか展開とかはそれなりに観れるものがあるんだけれど、全体のイメージとして薄っぺらいとい..
Weblog: lip
Tracked: 2006-01-12 10:52

輪廻
Excerpt:  日本では輪廻転生ブームらしい・・・ほんとですか?  手塚治虫の『火の鳥 鳳凰編』に出てくる輪廻転生のシーンはコミックながらスピード感があふれ衝撃的なものだった。また、同太陽編でも壮大な輪廻転生のド..
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2006-01-12 10:54

輪廻(評価:☆)
Excerpt: 【監督】清水崇 【出演】優香/香里奈/椎名桔平/杉本哲太/小栗旬/松本まりか/小市慢太郎/治田敦/三條美紀 【公開日】2006/1.7 【製作】日本 【ストーリー】 映画監督の松村は..
Weblog: シネマをぶった斬りっ!!
Tracked: 2006-01-12 14:59

「輪廻」
Excerpt: *ネタバレ注意* ★全然怖くなかった。「呪怨」程、笑い所は無かったけど、冒頭の人
Weblog: 空の「一期一会」
Tracked: 2006-01-12 16:55

映画館「輪廻」
Excerpt: 最近、ホラーって見慣れちゃって怖く感じなくなってしまったのですがコレはなかなか良かったです!! なるべくネタバレしないように書きますが、まだ観ていない、これから観るという方は念のため読まない方がいい..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2006-01-12 18:26

「輪廻」(06)
Excerpt: 映画監督松村(椎名桔平)は昭和四十五年、医師が我が子である幼い兄妹を含む十一人を殺害した群馬県内のホテルでの大量殺人事件を題材にした映画の制作に着手。主役に抜擢された渚(優香)はオーディションを受けた..
Weblog: 新世紀活動大写真
Tracked: 2006-01-12 18:37

輪廻(霊界の世界に時効なし)
Excerpt: 輪廻は35年前に起きた群馬のホテルでの大量無差別殺人事件からこの話しが始まる。
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2006-01-12 19:32

輪廻
Excerpt: 2005/日本 監督:清水 崇 出演:優香、椎名桔平、香里奈、杉本哲太・・・etc 2006/映画館にて鑑賞 ★★☆ やっぱホラーは和製でしょ。でも、ん〜私には怖さが足りなかったのよ。..
Weblog: Lovely Cinema
Tracked: 2006-01-12 20:38

「輪廻」
Excerpt: 「輪廻」製作:2006年、日本 2005.12.15 試写会¥0にて鑑賞隣の評論
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2006-01-12 22:11

輪廻
Excerpt: ようこそ、前世へ。 <ストーリー>35年前、観光地のホテルで起こった殺人事件。
Weblog: any's cinediary
Tracked: 2006-01-13 00:22

輪廻
Excerpt: ●『輪廻』2006年1月7日公開。東宝恒例の新春ホラー。『THE JUON 呪怨』でハリウッドをにぎわせた清水崇監督の最新作。映画出演よりはバラエティー番組が多い優香・..
Weblog: 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
Tracked: 2006-01-13 01:49

輪廻
Excerpt: ホラー映画は大好きだ。そのうえ世間では優香の演技の評判が良い。というわけで清水崇という監督にホラーのなにをも期待してないオレではあるが、とりあえず劇場へと足を運んだ。評判に反してシネコンの座席はガラガ..
Weblog: 俺の話を聴け〜!
Tracked: 2006-01-13 03:30

「輪廻」優香の顔に恐怖(大変よく出来ました)
Excerpt: 「輪廻」★★★ 優香、椎名桔平、香里奈 出演 清水崇監督、2005年 出だしはいい感じ、 タイトル前の 短いいくつかのシーン、 どこか奇妙だ、 なんかおかしい。 怖い。 ..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-01-13 07:50

映画:輪廻 TVCM撮影用試写会
Excerpt: 「輪廻」TVCM撮影用試写会 OL&女子大生限定@東宝株式会社試写室 怖い映画は超苦手、絶対行かないのですが、96分だし、先日の「ダーク・ウォーター」が怖くなかったからいけるかな、と観に行きまし..
Weblog: 駒吉の日記
Tracked: 2006-01-13 19:10

輪廻
Excerpt: 試写会で観てきました。 ホラーの試写会は前に「ボイス」が当たったことがあったのですが、予定が合わなかったのと怖いの苦手なので行きませんでした(^^;) 今回は挑戦!・・・??
Weblog: takara's movie reviews
Tracked: 2006-01-13 20:39

輪廻
Excerpt: これはいいです!! 期待以上の作品でした。 年末年始いまひとつの作品でおくりました・・・・ 新年初の邦画がホラーか・・・ と思いましたが、 めっちゃよかった!! いい意..
Weblog: ドリアンいいたい放題
Tracked: 2006-01-14 08:43

輪廻
Excerpt: 輪廻 監督:清水崇 出演:優香 椎名桔平 香里奈 杉本哲太 小栗旬  ストーリー 昭和45年。大学教授、人間の肉体と精神を研究する大森はあるホテルで自分の子供2人を含む11人の大量..
Weblog: ハイジのシネマパラダイス
Tracked: 2006-01-15 00:12

輪廻・・・・・評価額1300円
Excerpt: ハリウッド版「呪怨」で、全米No.1を成し遂げた清水崇監督の輪廻転生をテーマとしたホラー映画。 ちなみに「呪怨」の時に、マスコミがやたらと「日本人初全米No.1」を連呼してたが、日??
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2006-01-16 01:13

輪廻
Excerpt: 35年前の無差別殺人事件を基に映画が作られることになる。渚(優香)は主役の座を手...
Weblog: spoon::blog
Tracked: 2006-01-16 09:27

「輪廻」
Excerpt: 2006年1発目の劇場鑑賞はコレで!! 「輪廻」観たかったのです。劇場でじっくり・・・。 清水監督なので、劇場鑑賞は100%決定してました。 やっぱり、魅せ方が巧い! 冗談抜きで何度も、寒気..
Weblog: 雑板屋
Tracked: 2006-01-18 01:33

輪廻 06年18本目
Excerpt: 輪廻 申し訳ございません、お仕事さぼって、何かに取り憑かれたように、映画館へ入ってしまいました。 ってゆうか ぁ、高校生、3人以上で1人¥1,000ー!というの、やめません?くしゃくしゃ..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2006-01-27 04:21

輪廻(りんね)
Excerpt: ズットイッショダヨ・・・? いやいやいやいやいや!? 普通にコワッ!?(汗 この映画は、予告編を見たときから面白そうだと思っていたので必ず見ようと思ってはいたのですが、気がついたらもう公開終了の時期..
Weblog: Tak.Arai の 今夜もナローマインド!
Tracked: 2006-01-28 16:02

輪廻
Excerpt: 優香主演のホラー風味のサスペンス。 純粋なホラーかなって思ったら意外にホラーは風味止まりでした。
Weblog: オイラの妄想感想日記
Tracked: 2006-02-10 15:20

映画「輪廻」 〜迷妄の世界で繰り返すが良い、輪廻を〜
Excerpt: 35年前、観光地のホテルで起こった無差別殺人。この事件を映画化しようとする映画監督・松村は、「記憶」と名付けられたこの作品のヒロインに若手女優・杉浦渚を抜擢する。しかし撮影が近づくにつれて、渚は不気味..
Weblog: 混沌と勇気日記。 〜壊れ逝く混沌の世界、汝は見届ける勇気は〜
Tracked: 2006-10-09 23:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。