2005年12月24日

奇妙なサーカス(2005/日本/監督:園子温)


strange.jpg小学生の美津子(桑名里瑛)は実の父親・剛三(大口広司)に犯され続けていた。しかし、それが忌むべき近親相姦と自覚することはなく、ただ心だけが壊れていく。妻・小百合(宮崎ますみ)は、そんな夫と娘の関係に激しい嫉妬を覚え、娘への虐待を繰り返す。
一方、倒錯したエロスの世界を描く車イスの人気女流作家・三ッ沢妙子。新たに担当となった編集者・田宮雄二(いしだ壱成)はそんな妙子に気に入られる。しかし雄二のほうは、謎に包まれた妙子の素性を探るよう編集長から命じられ、秘かに妙子の私生活を調べ始めるのだが…。

ネタバレありよ。

エロいのはいいとして、やたらと血なまぐさい描写が多く、これほどグロい映画だとは、正直、予想もしていなかった。
血が象徴的に使われているが、それも鮮血ではなく、鼻血のように赤黒い粘度をもつ液体が全編に滴り、壊れた精神の深淵を覗き見しているようで、不快感や不安感を増幅させる。

近親相姦というテーマを真っ向から扱い、グロテスクな親娘関係が生々しく鮮烈に描かれる。壊れていく母と娘。
妻子を代わるがわる犯す父親の変態度は想像を絶する。このおっさんには性のタブーは存在せず、歩く生殖器といった体で不快極まりない。

近親相姦や児童虐待が、人格形成においてどれほどの歪みをもたらすのか、説得力をもって描かれていたと思う。
感情がなく、ロボットのように無機質で、人格が遊離しているような印象を受ける雄二。
私はあまり詳しくないが、これらは典型的な離人症の症状と思われる。
なぜ美津子が乳房を切り落とし(すごい傷跡だけど、まさか自分でやったんじゃあるまいな)、雄二になったのかは説明不足でよくわからない。父親に犯され続け、母親のあさましい愛欲の姿を眼にし続けたことで、女性性を嫌悪し、自己のアニマを完全否定したのだろうか。
非常に複雑で狂気的な役だが、中性的でどこか危うげないしだ壱成はベストキャスティングだろう。

美津子の心象風景であるかのような、非現実的なサーカスの光景。
奇妙で耽美なサーカスのメンバーや観客の面々は、どのようなメタファーを含んでいるのだろう。
残念ながら、美津子の現実の世界の異常さのほうに翻弄されてしまい、そこまで考えながら観ることができなかった。
あまりもう一度観たいと思う作品ではないが、血の味と猟奇性と、哀しさが残る異色映画だった。

評価:★★★★☆
奇妙なサーカス Strange Circus
奇妙なサーカス Strange Circus宮崎ますみ 園子温 いしだ壱成

東宝 2006-02-24
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(9) | LOG #か-こ
この記事へのコメント
こんばんわ!『カリスマ映画論』管理人の睦月です!TB&コメントありがとうございました。
やはり、初日のしかもイブの日にこの作品を鑑賞するのは私達しかいなかったのね・・・。いや、けど睦月は絶対bambiさんは観ると思ってたよ!けど同じ日に観ていたなんて・・・・。
睦月はこういう映画がとことん好きなのですよ!変態といわれようが仕方ないの。けど、さすがの睦月も少ししんどかったなぁ・・、この作品に関しては。でももっととことんなエログロを観たいと思っている自分もいます。なにかオススメのエログロはないですか?
・・・ところでbambiさん、パーマはうまくかかりましたか?
Posted by 睦月 at 2005年12月27日 00:53
>睦月さま
エログロですかぁ。
睦月さんも相当観てらっしゃいますし、お眼に叶いますかどうかわかりませんが、エログロでかつ面白いと思うのは、60〜70年代の東映異常性愛路線かな?
ただソフト化されている作品が少ないので、あまり鑑賞の機会がないのですが…。

最近では三池崇史監督なんてどうでしょう。
「DEAD OR ALIVE」「牛頭」あたりはなかなかキョーレツでした。
Posted by bambi@管理人 at 2005年12月27日 23:29
 初めまして。この作品観ている人も少ないようなので、この記事見つけてコメントしてしまいました。 
 内容的には強烈でしたね。ただ私もサーカスがよくわからなかったんですが。
 それよりラストのシーンでいしだ壱成の顔が高橋真唯に見えてきて、上手くできてるな、と変な感心を持ってしまいました。

 それではまた寄せてもらいます。
Posted by CINECHAN at 2005年12月30日 01:35
>CINECHANさま
いしだ壱成と高橋真唯よく似てましたね〜。狙ったキャスティングでしょうか。
ふたりとも難しい役をよくこなしていたと思います。

高橋真唯は「妖怪大戦争」でもちょいエロの役を…。美少女なのに。だからか。
Posted by bambi@管理人 at 2005年12月31日 00:39
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11021628

この記事へのトラックバック

奇妙なサーカス(舞台挨拶付き)
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★☆ イッツ ア エログロファンタジック ワールド
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2005-12-27 00:48

倒錯的な世界のエロスと罪
Excerpt: 209「Strange Circus 奇妙なサーカス」(日本)  「自殺サークル」の園子温監督の作品。宮崎ますみの女優復帰作であり、R??18指定でもあり、かなり濃密な濡れ場も期待(?)される作品で..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2005-12-30 01:26

[ 奇妙なサーカス ]園子温ワールド炸裂
Excerpt: [ 奇妙なサーカス ]@新宿トーアで鑑賞。 この劇場で観ると、なぜか女優の初脱ぎ作品に出会って しまう。前回は[ さよならみどりちゃん ]で星野真理 の初ヌードだった。そういや彼女はこの作品..
Weblog: アロハ坊主の日がな一日
Tracked: 2006-01-05 19:45

奇妙なサーカス(Strange Circus):名前のない子犬が私を食べに来る 新宿トーア
Excerpt: この映画は猟奇、怪奇小説が好きで、エロ、グロが平気な人にしか薦められません。 そのかわり、平気な人だったらキター!と叫ぶくらいスゴイ。 「盲獣 vs 一寸法師」を見てがっくり来た人、「乱歩地獄」が..
Weblog: 気ままに映画日記☆
Tracked: 2006-01-05 22:23

奇妙なサーカス
Excerpt: 園子温監督。 なんて、文学的なにほいの名前なんだろう。 詩人、園子温。 そして作る映画は、 ストレンジ、ストレンジ、ストレーンじ。 そしてものすごい衝撃だった。
Weblog: シネマクロニクル
Tracked: 2006-01-05 23:19

奇妙なサーカス:これは高等なマジックの手法だ!
Excerpt: ★監督:園子温(2005年 日本作品)京極弥生座(地階)にて鑑賞。近親セックスがテーマになっていてかなりエロい作品だとの前評判。エロが前評判になる映画というと、昨年観た松坂慶子主演の「桃色」を思い..
Weblog: 「朱雀門」という方法
Tracked: 2006-01-09 15:10

奇妙なサーカス
Excerpt: 「奇妙なサーカス」 出演は宮崎ますみ、桑名里瑛、いしだ壱成、高橋真唯など。園子温監督による作品は、「自殺サークル」がある。扱う内容が過激であるために、R-18指定作品となっている。というかですね、こ..
Weblog: 泥海ニ爆ゼル
Tracked: 2006-02-01 00:51

DVD/オレがアイツでアイツがオレで
Excerpt: DVD「奇妙なサーカス」 監督・脚本・音楽 園子温 出演 宮崎ますみ、マメ山田、いしだ壱成 田口トモロヲ、不二子、桑名里瑛 他
Weblog:  サ バ ペ
Tracked: 2006-10-17 22:27

奇妙なサーカス
Excerpt:  監督  園  子音 評価  ☆☆☆★★ 内容  近親相姦に苦しむ少女は、次第に母を意識し母と同化するようになる・・・。現代と過去を、そして夢と現実を行き来する人の狂気を、ゆがんだ愛を描いた作..
Weblog: 旭のほとりで
Tracked: 2006-12-02 11:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。