2005年12月16日

ある子供(2005/ベルギー=仏/監督:リュック&ジャン=ピエール・ダルデンヌ)


lenfant.jpg定職につかず、少年たちを使って盗みを働き、盗品を売ってその日暮らしをしている20歳の青年ブリュノ(ジェレミー・レニエ)。ある日、ブリュノの子どもを出産した18歳の恋人ソニア(デボラ・フランソワ)が病院から退院してくる。子どもを見ても何の実感も感じないブリュノ。盗品を売った金でドライブに行ったブリュノとソニアは、まるで子どものようにじゃれあう。しかしブリュノはソニアに子どもの世話を頼まれた間に、カメラを売るように子どもを売ってしまう。

…ブレブレのハンディカメラ映像は三半規管弱い人には辛いだろうなぁ。
だが、私は、これほどスクリーンの中の人物に生々しさを感じさせる監督を他に知らない。
常に被写体の心情からは一歩引いた目線にもかかわらず、独特の臨場感を生むカメラワークはまったく素晴らしい。
ブリュノと少年が警察の追手から逃れるため冷たい川に入って身を隠すシーンなど、派手なアクションも効果的なBGMもないのに、どんなサスペンス映画よりも緊迫感があった。

ブリュノは愚かで考えが足りない青年ではあるが、根っからの悪人ではない。
ただ、今さえ良ければそれでよく、できるだけ面白おかしく暮らしたいと思っているだけ。大人になりきれていない、無垢で残酷な子どもである。
ブリュノとソニアは他愛もないことでじゃれ合っているのが楽しく、それが真実の愛だと思っていたのだろう。深い考えもなく子どもを作ってしまい、ソニアは母性を発揮するが、ブリュノに実感はなく、ふたりへの責任感などあるはずもない。
だけど、そんな薄っぺらな人生に意味はない。今変わらなければ、いつ変わるのか。
ブリュノは自分の愚かさをステップに、変わることができるだろう。
他者を思いやる想像力をはたらかせ、痛みを知り、地道に生きる。それは退屈でしんどい人生ではあるけれど、ずっと意味のある生き方であるはずだ。

イゴールの約束(1996/ベルギー=仏=ルクセンブルグ=チュニジア/監督:リュック&ジャン=ピエール・ダルデンヌ)に続き、ジェレミー・レニエはリアルで繊細な演技を見せてくれた。
もしかしたら、ブリュノはイゴールの成長した姿なのかもしれない。この兄弟監督にベルギーの抱える社会問題を見せられ、そんなことをふと思う。

評価:★★★★★

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 23:59 | Comment(12) | TrackBack(39) | LOG #あ-お
この記事へのコメント
こんにちわ!睦月です。TBありがとうございました。すんません、返信遅れて。遅れても必ず返すから見捨てないで・・。

bambiさんの記事を楽しみにしていました。必ず鑑賞するだろうと思っていたので。私が思っていたことを簡潔にそのまま言葉にしてくれたような記事です。まったく・・・bambiさんはさすがね。
私は、ブリュノがスティーブの冷えた足をさするところ、最後にソニアと手を握り合って泣くところ・・・そういった人肌の接触に注目しました。きちんと向き合う、触れ合う・・それが最終的に人間の心を感化させていくと思ったんです。
Posted by 睦月 at 2005年12月18日 13:40
>睦月さま
ハイ、前売も買って観る気マンマンでした(・∀・)

誰でもブリュノのようだったときがあるのかもしれません。
ブリュノの場合はきっかけが唐突にやってきて、対処しきれず、愚かなことをしてしまったけれど、人間らしく生きるために必要なステップだったと。

ダルデンヌ兄弟の作品は、ラストに救われますね。手を握り合うラストシーンは胸に響きました。
Posted by bambi@管理人 at 2005年12月19日 02:01
すばらしい作品でしたね。ラストに泣きました。Tb失礼しますね。ウチもベスト10やるつもりで準備中なの。いまのところ、のら猫さんとは2本重なっています。人それぞれが楽しいね。
Posted by あん at 2005年12月20日 09:18
>あんさま
TBありがとうございます。
TBお返ししたいのですが、最近seesaaからgooブログへのTBがまったくできないんですよね…(´・ω・`)
ほんとごめんなさいです。

ある子供、鑑賞前の期待を裏切りませんでした。
今年もあと少しですが、ベスト10が変動するような作品に出遭えるといいなぁ。
Posted by bambi@管理人 at 2005年12月20日 19:27
こんばんはぁ♪
去年からずーーっと観たくてたまらなかったのですがなかなか行けずじまいで・・・
今日やっとこさ観て来ました。

前評判の高さは聞いていましたが、さすがですねー!!
去年観ていたら2005年のマイベストに入れていたのに!
それほど素晴しい映画でありました。
>他者を思いやる想像力をはたらかせ、痛みを知り、地道に生きる。
>それは退屈でしんどい人生ではあるけれど、ずっと意味のある生き方であるはずだ。
まさにこれですよねー・・・
彼は落ちるところまで落ちてやっと自分を振り返ることが出来たのですよね。
その過程を丁寧にきちんと描いてあるので、観ている私たちも感情移入することでき、涙を流すのですよね。
今日はお天気も良かったし、素晴しい映画を観れて大満足な一日でした♪ウフッ
Posted by Puff at 2006年01月13日 00:26
>Puffさま
とってもナマナマしいですよね、ダルデンヌ兄弟の描く人間像は。
この兄弟監督の映画はいつも不思議な感覚におちいります。
登場人物の心情にのめり込むわけではなく、最も近い傍観者になる感じでしょうか。

恵比寿ガーデンシネマにかかる映画は今年も楽しみですね(・∀・)
Posted by bambi@管理人 at 2006年01月13日 00:52
こんにちは!TBさせて頂きました。
内容が深刻そうな映画でちょっと敬遠していたのですが、皆さんの評判がよいので観に行ってしまいました。

>ブリュノは愚かで考えが足りない青年ではあるが、根っからの悪人ではない。

そうなんですよね。やってることは無軌道かつ無責任なんですが、全然嫌悪感がない。監督(達)の暖かい視線を感じました。
ダルデンヌ兄弟、初めて観たのですが、素晴らしい映画作家ですね。
Posted by Ken at 2006年01月14日 13:11
>Kenさま
この兄弟監督の映画は全て同じトーンです。音楽ナシ、唐突なラスト。
初めて観たときは衝撃を受けました。

「イゴールの約束」「ロゼッタ」「息子のまなざし」はぜひ観ていただきたいです。感想をお聞きしたいですねぇ。
Posted by bambi@管理人 at 2006年01月15日 00:53
こんばんは、bambiさん!
ご無沙汰しております、「とりあえずな日々(仮)」の、かのです。
私も先日本作を観ましたのでTBさせて頂きます。
この監督の作品は初めてなのですが、人物像が生々しいですね。
リアル過ぎて、逆に話の先が読めない作風で驚きました。
実際、現実は一歩先の未来すらも見えないものですものね…。
ブリュノにはこれから頑張ってもらいたいです。

それと…。
事後報告になってしまい申しわけないのですが、bambiさんの「野良猫の日記」さまのリンクを張らせて頂きました。
勝手に申しわけないですm(_"_)m
何か不備不都合がありましたら遠慮なく申し付けて下さい。
改めてご許可頂ければ嬉しいです。
よろしくお願いします!
Posted by かの at 2006年01月27日 17:39
■かのさま
驚くほど淡々としているのに、一秒たりともスクリーンから目が離せないくらい臨場感ありますよね。
ぜひぜひ、この兄弟監督の過去の作品もご覧になってください。

リンクの件了解です!
貼るのも剥がすのも、かのさんの良いようになさっていただいて結構ですよ(・∀・)
Posted by bambi@管理人 at 2006年01月28日 00:35
TBさせて頂きました。

そーなんです、三半規管が弱い私には本当に厳しい映画ですが、ラース・フォン・トリアー監督の作品よりマシです。アレは本当に胃液があがってきます。(笑)

子供のまま社会に放り出された二人ですが、DNAにしんどい人生をマジメに生きることが組み込まれていない彼らの将来は実際は過酷でしょう。それでも、可能性を信じてあげたいと思っています。
Posted by しまらっきー at 2006年04月18日 12:46
■しまらっきーさま
ブリュノは能天気な性格ではありますが、親に捨てられていますよね。
無意識だからこそ、負の連鎖は恐ろしいです。

ふたりの子どもが連鎖に組み込まれないことを祈るばかりですが、厳しい環境ですよね…
ラストは、それでも可能性はゼロではないことを示唆していると思いました。
Posted by bambi@管理人 at 2006年04月18日 19:19
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10747272

この記事へのトラックバック

ある子供@恵比寿ガーデンシネマ
Excerpt: 適材適所に充てるキャスティング。日本で公開されたダルデンヌ兄弟の4作品全てに、オリヴィエ・グルメは出演している。分厚い眼鏡と屈強な体つき、それは紛うことなく彼だとすぐに分かるのだが、主人公ブリュノを演..
Weblog: ソウウツおかげでFLASHBACK現象
Tracked: 2005-12-17 01:59

ある子供
Excerpt: ネタバレありです。 仲間と盗みをしながら、行き当たりばったりな生活を続けるブリュノ。恋人のソニアとの間に子どもができる のですが、ブリュノは父親になったという自覚がなく、お金のために子どもを売..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2005-12-17 02:09

映画: ある子供
Excerpt: 邦題:ある子供 原題:L'Enfant 英題:The Child 監督:ジャン=
Weblog: Pocket Warmer
Tracked: 2005-12-17 08:50

ある子供
Excerpt:  こんばんわ。まず初めに今日は、お礼を言いたいと思います。  いつも、ブログランキングをポチッとしてくれるとてもお優しい方、本当にアリガトウございます!!!トモゾウ本当に感謝??
Weblog: トモゾウのオススメ!!映画情報
Tracked: 2005-12-17 14:54

ある子供 L' ENFANT/ジェレミー・レニエ、デボラ・フランソワ、オリヴィエ・グルメ
Excerpt: 最初にこの作品の劇場予告編を目にしたときはちょっと重苦しそうな印象があって、特に観たいとは思わなかったのだけど、その後、何度か目にしていくうち、次第に興味を持つようになっていったところ、先日のBSフジ..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2005-12-17 18:23

ある子供
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  人肌の温もりが人間の心を救い出す
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2005-12-18 13:34

『ある子供』(ベルギー)
Excerpt: 『ある子供』公式サイト フランスでの若者の暴動は記憶に新しいですよね。 労働問題、人種問題がからんだ非常に複雑な問題が根幹にあるのだと思います。 もともと、フランスはアフリカな..
Weblog: 極私的映画のススメ
Tracked: 2005-12-19 12:51

ある子供
Excerpt:      売ったよ、又作ればいいさ ってねー{/face_ang/} 手作りのアクセ売ったみたいに、よく言うわーバカ {/hiyo_cry1/} 闇ルートで、恋人との間に出来た自分の子供を売った{..
Weblog: あんと夢子のス・テ・キ!なダイエットライフ
Tracked: 2005-12-20 09:15

ある子供
Excerpt: ある子供  2005/ベルギー  ★★★★★ 監督 リュック・ダルデンヌ / ジャン・ピエール・ダルデンヌ 出演 ジェレミー・レニエ / デボラ・フランソワ ■あらすじ■  まだ若い二..
Weblog: Cinema-Absolutism
Tracked: 2005-12-21 19:25

[ ある子供 ]自分の力で大切なモノを見つける
Excerpt: [ ある子供 ]@恵比寿で鑑賞。 2005年カンヌ国際映画祭パルムドール大賞受賞。 前作[ 息子のまなざし ]に引き続きジャン=ピエール& リュック・ダルデンヌ監督は[ ある子供 ]でもきょ..
Weblog: アロハ坊主の日がな一日
Tracked: 2005-12-22 00:06

:*ある子供*
Excerpt:    ***STORY***                2005年  ベルギー=フランス これといった定職につかず、自分より年下の少年たちを使って盗みを働き、盗品を売ってその日暮らし をしてい..
Weblog: Cartouche
Tracked: 2005-12-22 10:11

ある子供('05)
Excerpt:     ?  タイトルの「子供」とは、ブリュノとソニアの間に生まれた赤ん坊ジミーのことではない。父親・ブリュノのことだ。20歳で定職につかず、仲間と盗みを働いて生計をたてている。父親の自..
Weblog: LA SPECTATRICE
Tracked: 2005-12-29 00:47

「ある子供」
Excerpt: 年の瀬にきて、凄い映画を見てしまった。 監督ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ。カンヌパルムドール。
Weblog: MIWOのレタスなLOGBOOK
Tracked: 2005-12-30 04:11

『ある子供』 L'Enfant
Excerpt: 徹底したそのリアリズムに引き込まれて。 緊迫感とやるせなさの後に訪れる温かさは格別。 出産した赤ん坊ジミーを連れて、ソニアはブリュノと住むアパートに戻ったが・・。物語は突如始まり、説明的な場面..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2006-01-05 15:07

ある子供
Excerpt: 雑誌フィガロ主催の試写会のシネマの休日で観た映画。 無知で間抜けな子供男と、大人になりきれない女の間に子供が生まれたところから物語が始まる。 主人公たちのあまりのバカっぷりに、胸糞..
Weblog: 【東京印象時間】 ??麻布十番・神楽坂・人形町??
Tracked: 2006-01-06 23:12

【生命力】 「ある子供」 / ジャン=ピエール・ダルデンヌ , リュック・ダルデンヌ
Excerpt: 社会のどこにも居場所がない者たち  ベルギー東部に位置する労働者の街、スラン。鉄と石炭に恵まれた鉱山、ムーズ河の肥沃な流れは、良質な工業製品を生産する基盤だった。ベルギーを支える資本の源は、この豊..
Weblog: Augustrait
Tracked: 2006-01-08 18:10

「ある子供」ハリウッドの対極
Excerpt: 「ある子供」★★★★ ベルギー=フランス、2005年 リュック&ジャン=ピエール・ダルデンヌ監督 定職につかず、盗みを働き、 その日暮らしをしている 20歳の青年ブリュノ 彼は18..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-01-09 16:08

ある子供 恵比寿ガーデンシネマ ??20年後の日本もこうなる!
Excerpt: 2005カンヌ映画祭パルムドールを受賞したダンテンヌ兄弟の最新作。 20歳のブリュノと18歳のソニア。ふたりの間には子供が生まれるが、父親としての実感がないブリュノは、子供を育てる自信もなく、赤..
Weblog: 新米映画ライターのぶっちゃけトーク??
Tracked: 2006-01-09 18:57

ある子供
Excerpt: 「ある子供」、それはもちろん映画の主人公である20才のブリュノのことだ。そしてまた、ブリュノ個人だけではなく、極めて一般的な意味においての彼、彼女たち「浮遊する子供」(やや古い言い回しだ)のことだ。..
Weblog: EiGACAN!-Movie Comment
Tracked: 2006-01-10 20:45

「ある子供」
Excerpt: 公式サイト 恵比寿ガーデンシネマ、公開5週目初回です。 20分前に着いて29番、後から後から人が入って来て未だに根強い人気です。 史上5組目となるパルムドール2回..
Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary
Tracked: 2006-01-13 00:14

ある子供
Excerpt:  これほどまでにどうしようもないというかだらしないというか、救いようのない若者を赤裸々に描いた作品も他にないのではないでしょうか。  定職に
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2006-01-13 07:20

映画『ある子供』を観て
Excerpt: 人気blogランキングへ原題:L‘enfant(ベルギー/フランス)上映時間:95分監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ出演:ジェレミー・レニエ(ブリューノ)、デボラ・フランソワ(..
Weblog: KINTYRE’SPARADISE
Tracked: 2006-01-14 00:22

Un Dimanche au Cinema
Excerpt: フィガロジャポン主催の「シネマの休日」に行って来ました。 まだ日本で公開されていない映画3本中、2本観ました{/hiyo_en2/}(まもなく公開です) 『ある子供 L'Enfant』 (2005/..
Weblog: Mon plaisir ☆
Tracked: 2006-01-14 01:08

【映画】ある子供
Excerpt: "L'Enfant"2005年ベルギー/フランス監督)ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ出演)ジェレミー・レニエ デボラ・フランソワ ジェレミー・スガール満足度)★★★★ (満点は★5つです)恵比..
Weblog: セルロイドの英雄
Tracked: 2006-01-14 13:01

ある子供
Excerpt: 2005年/ベルギー・フランス/95分/ 監督・脚本:ジャン=ピエール・ダルデンヌ/リュック・ダルデンヌ 出演:ジェレミー・レニエ/デボラ・フランソワ/ジェレミー・スガール/オリヴィエ・グ..
Weblog: No Need To Argue
Tracked: 2006-01-17 23:26

ある子供
Excerpt: 昨年、カンヌ映画祭でパルムドールを受賞したベルギーとフランスの合作映画。 ダルデンヌ兄弟の作品を観るのは、『ロゼッタ』、『息子のまなざし』に続いて3作目。 どんな境遇にある人も受け入れようとする心の許..
Weblog: toe@cinematiclife
Tracked: 2006-01-21 00:40

ある子供/亀裂の効果
Excerpt:  日本の若者にも通じる、大人になりきれない”子供”を、ドキュメンタリータッチで描いた力作。カメラアングルと移動撮影、音声、小道具などを効果的に用いて、深読みのできる作品に仕上げてある。スリリングな先の..
Weblog: マダム・クニコの映画解体新書
Tracked: 2006-01-27 00:18

ある子供
Excerpt: 定職につかず、少年たちを使って盗みを働き盗品を売ってその日暮らしをしている20歳の青年ブリュノ。 ある日、ブリュノの子どもを出産した18歳の恋人ソニアが病院から退院してくる。 子どもを見ても何の実..
Weblog: とりあえずな日々(仮)
Tracked: 2006-01-27 17:32

「ある子供」
Excerpt: 「L' Enfant」...aka 「The Child」2005 ベルギー/フランス 2005年度カンヌ映画祭パルムドール賞受賞作品(リュック・ダルデンヌ/ジャン・ピエール・ダルデンヌ) 監督は..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2006-01-27 22:19

ある子供
Excerpt: かなりの高評価のこの映画を関西での上映の初日に見に行きました。 驚いたのはこの映画よりも『B型の彼氏』が満員になっていたことです。 ある子供もほとんど満員くらいお客が入っていたのですが、この映画館..
Weblog: Alice in Wonderland
Tracked: 2006-01-30 13:17

『ある子供』〜ヒップ・ブレイクスルー〜
Excerpt: 『ある子供』公式サイト 監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ出演:ジェレミー・レニエ デボラ・フランソワほか   【あらすじ】(goo映画より)定職につかず、少年たちを使って盗..
Weblog: Swing des Spoutniks
Tracked: 2006-02-04 13:27

映画:「ある子供」の感想
Excerpt: 注意:ネタばれ有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。主人公のブリュノはひどい奴です。恋人が入院中なのをいいことに、
Weblog: Mr.Ericの感じたままで
Tracked: 2006-02-09 21:53

「ある子供」
Excerpt: 1/21 恵比寿ガーデンシネマ にて 現代に甦ったロベール・ブレッソン 監督・脚本:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ 出演:ジェレミー・レニエ、デボラ・フランソワ、..
Weblog: こだわりの館blog版
Tracked: 2006-03-18 15:54

映画「ある子供 L'Enfant 」を観る
Excerpt: 18歳のソニア(デボラ・フランソワ)と20歳のブリュノ(ジェレミー・レニエ)に息子が生まれる。病院から戻ったソニアは、定職もなく怪しい商売でその日暮しをしているブリュノにまじめに働くよう頼む。。。..
Weblog: 酒焼け☆わんわん
Tracked: 2006-03-26 14:12

ある子供
Excerpt: 20歳のブルーノ、18歳のソニアに子供が出来る。ブルーノは窃盗品を売りさばくその日暮らしの生活で、ソニアは子供の誕生をキッカケにマジメに働いて欲しいと嘆願するも、聞く耳を持たないどころか、子供を裏の組..
Weblog: 映画の魔力
Tracked: 2006-04-18 12:33

ある子供
Excerpt: {amazon}  以前書いた映画「息子のまなざし」のダルデンヌ兄弟の映画「ある子供」 この作品は2005年度のカンヌ映画祭パルムドール大賞に輝いた。 ベルギーを舞台にした映画だが、ベルギーで..
Weblog: 悩み事解決コラム
Tracked: 2006-07-13 21:31

ある子供(DVD)
Excerpt: 痛みを知ること、やさしくなること。 CAST:ジェレミー・レニエ/デボラ・フランソワ/ジェレミー・スガール/ファブリツィオ・ロンジョーネ/オリヴィエ・グルメ 他 ■ベルギー/フランス産 95分 なん..
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2006-08-28 20:19

『ある子供』’05・ベルギー・仏
Excerpt: あらすじ定職には就かず、仲間とともに盗みを働いてその日暮らしをしているブリュノ(ジェレミー・レニエ)。恋人ソニア(デボラ・フランソワ)との間に子供が産まれた。だが、ブリュノは子供を売ってしまった・・・..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2006-10-03 22:52

ある子供&イゴールの約束&ロゼッタ
Excerpt: ベルギー映画監督のダルデンヌ兄弟特集、カンヌ国際映画祭で高い評価を得た不思議な感覚の映画だよね、・・かたくなだけど、リアルに必死に生きていく・・ 映画『ロゼッタ(1999)』 原題:Roset..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-12-08 01:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。