2005年04月30日

ファウスト(1994/チェコ+イギリス+フランス+ドイツ/監督:ヤン・シュヴァンクマイエル)

ファウスト伝説をベースに、シュヴァンクマイエル独自の幻想的解釈で白昼夢的世界を構築。

シュヴァンクマイエル作品は頭がおかしくなりそうなシュールな設定ばかりだが、どれもストーリーは分かりやすい。しかし本作はある男が芝居小屋に迷い込み、その芝居の世界でファウスト博士になりきって悪魔と契約を結ぶという二重構造になっているため、やや複雑でシュヴァンクマイエル初心者にはおすすめできないが、入り込むとどっぷりハマれる。
これほど不可解な感覚を残す映画もあまりないだろう。

印象に残るのは操り人形の不気味さ。
決して美しい人形ではなく、どれも汚い。
とくに悪魔の使いが天使を犯すシーンが強烈。これ、宗教団体からクレームがあったらしいです。

【★★★☆☆】

ヤン・シュヴァンクマイエル ファウスト
ヤン・シュヴァンクマイエル

コロムビアミュージックエンタテインメント 2005-02-23
売り上げランキング : 6,802
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | LOG #は-ほ

2005年04月29日

プルガサリ 伝説の大怪獣(1985/朝鮮民主主義人民共和国/監督:シン・サンオク)

高麗朝末期、圧政に苦しむ民衆がついに蜂起した。
郡司に従わなかったため、牢獄に入れられ餓死寸前となった鍛冶屋が最後の作品として飯粒で怪獣を作りあげ、願いを託す。
その娘がうっかり指に針を刺して流れた血が怪獣人形にかかったところ、命を得て動き出した。鉄を好んで食べる怪獣はどんどん大きく育ち、伝説の大怪獣・プルガサリとなって民衆とともに独裁者を倒すために戦う。

北朝鮮の怪獣映画だが、独裁者に苦しむ民衆を描いているのが皮肉。
映像は古臭いし、朝鮮語はわからないがキャストはみんな大根役者にしか見えない。うっとうしい長髪のヒーローや表情に乏しいヒロインもなんだかちょっとずれている。
しかしなんだか妙にほほえましいのは、子どもの学芸会を見守る親のような気持ちになるからだろうか。

怪獣映画のセオリーはよくわからないが、鍛冶屋に作られた人形が命を得てどんどん育ち大怪獣になるという設定は新鮮な気がした。
そのためか妙に親しみのある怪獣で、チビガサリのころはかわいいし、動きが人間ぽくてちょっとマヌケな感じがする。

ストーリーもけっこう面白い。当初は村から農具を取り上げた郡司に対する一揆だったはずが、いつのまに朝廷を倒すなんてスケールのでかい叛乱になったのだろう。プルガサリの応援で調子こいてしまったのか?
その上、でかいほうが都合が良いからか、後先考えずプルガサリにどんどん鉄を食わすアホっぷり。結局、独裁者を倒したものの、巨大になりすぎた怪獣を持て余し、ヒロインが命をかけてプルガサリを殺すことに。そんな!

いろんな意味で味わい深くて楽しめたが、プルガサリがかわいそうなので星2つ。

【★★☆☆☆】

プルガサリ~伝説の大怪獣~
チャン・ソニ チョン・ゴンジョ ハム・ギソプ リ・ジョングク

ジェネオン エンタテインメント 2004-06-25
売り上げランキング : 30,116
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | LOG #は-ほ

2005年04月17日

§人気blogランキング

登録してみました。
よかったら押してってください。
人気blogRanking

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | * memo *

2005年04月15日

ウエルカム・ドールハウス(1995/アメリカ/監督:トッド・ソロンズ)

愛してやまない「ハピネス」のソロンズ監督デビュー作。
ハピネスほどエグくはないが、これまたずいぶんブラックな映画だ。

学校では「ブス」「レズ」といじめられてクラスの嫌われ者、家でも要領の良い兄と妹、あからさまに愛情に偏りのある両親に囲まれてみそっかす扱いの少女・ドーン。
誰からも愛されないドーンはどんどんねじまがってしまい、性格まで悪い。いじめられても言い返したりやり返したりするあたりが頼もしいが、やることなすこと裏目に出る要領の悪さで、いつも叱られるのはドーンの方。
恋愛やセックスにも興味しんしんで、兄のバンド仲間で女たらしのスティーブに恋をする。また、いつもドーンをいじめているブランドンとも微妙な関係に……。

この少女、学校ではかなり露骨なイジメを受けているのだが、それが重かったり後味の悪さがないのは、どこまでも憎たらしいドーンのキャラゆえ。
いじめられっ子が他者を思いやり優しくできるかといえば、現実はそんなことはなくて、いじめられれば心がささくれて自分よりさらに弱い誰かをいじめて八つ当たりしたくなる。
そんなリアルでシニカルな現実を改めて感じさせられるが、それも裏目に出てますますドツボにはまっていくドーンの姿がとてもおかしくて、ちょっと自分に重ね合わせてまた苦笑い。

この子は大人になっても決して美人にはならないだろうし、性格もどこか曲がったまま、ツイてない一生を送るんだろうと救いのない想像をさせてしまうところがソロンズ監督のすごいところだ。
ふてぶてしい面構えと、何だかすごいファッションセンスが個性的なドーンに幸あれ。

【★★★★☆】

ウェルカム・ドールハウス
ヘザー・マタラーゾ トッド・ソロンズ ブレンダン・セクストンjr エリック・メビウス

ビデオメーカー 2003-05-23
売り上げランキング : 5,579
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 23:13 | Comment(2) | TrackBack(2) | LOG #あ-お

2005年04月13日

双生児〜GEMINI〜(1999/日本/監督:塚本晋也)

乱歩の原作が監督独自の感性でアレンジされ、鮮烈な印象を残す傑作。

大きな病院を継ぎ、美しい妻・りん(りょう)と幸福な生活を送る大徳寺雪雄(本木雅弘)。
雪雄は知らなかったが、彼には双生児の弟・捨吉がいた。
富裕な暮らしで人望も篤い雪雄と、貧民窟で育った捨吉の二役を見事に演じわけ、鬼気迫る迫力の本木雅弘も良いが、これが映画初出演とは思えないりょうの妖艶な演技も一見の価値あり。

りょう演じるりんもまた貧民窟の出身で、奔放な女と貞淑な妻の二つの顔を持っている。
また、静かで落ち着いた生活を感じさせる大徳寺家と、どぎつい色と喧騒にあふれる貧民窟。
光と影のごとく相反する世界と人物の異様なビジュアルに魅了されてしまった。

登場人物は全員眉をつぶしているのだが、これが驚くほど効果的。非日常的で異様な世界観を見事に創りあげている。

捨吉の登場シーン、貧民窟の人々の描写は何度見ても衝撃的。見ろ!

【★★★★★】

双生児〜GEMINI〜 特別版
本木雅弘 りょう 浅野忠信 竹中直人

ワーナー・ホーム・ビデオ 2000-05-12
売り上げランキング : 14,618
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(2) | LOG #さ-そ

2005年04月12日

盲獣VS一寸法師(2001/日本/監督:石井輝男)

石井輝男監督のファンなので点を甘くしたいところだが、本作はいただけなかった。
江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」以来の石井監督の乱歩もので、オープニングに竹中英太郎の挿絵が使われてるのなんか見た日にゃ期待せずにはおれなかったのだが……。

石井監督以外のスタッフに、ほぼ初めて映画製作にたずさわる若手ばかり起用しているせいか、画質と音声が悪すぎる(撮影は石井監督かも……)。画質は私は見れりゃいいのでこだわらないが、セリフが聞きとれない箇所があるほど音質が酷いのはプロとしていかがなものか。

肝心のストーリーは、タイトルから乱歩の盲獣と一寸法師がどのように融合するのかわくわくしていたが、なんとまったく絡まない! ただ同時期に起こった事件というだけなのだ。これにはビックリ。
どちらもかなり忠実に原作をなぞっているが、もっとはっちゃけた脚本にしても良かったのではないか。
まぁ、原作に忠実なだけにエログロ度はかなりのもので、それだけは石井監督ファンとして満足。

内容的にどっちが勝ったかというと、圧倒的に盲獣。一寸法師はミゼットプロレスラーのリトルフランキーが演じているが、対する盲獣役の平山久能が強烈なだけに(おそらく同監督の『地獄』で宮崎勤似をやった人)あまり印象に残らない。本物のフリークスも喰ってしまう特異な存在感はスゴイぞ平山久能。

その他、棒読みもはなはだしいリリー・フランキーをはじめ、塚本晋也監督が史上最も地味な明智小五郎を演じていたり、またまたラストにオイシイとこ取りの丹波哲郎、なぜか友情出演の及川光博など、異色すぎるキャスト。
丹波哲郎は美術評論家として出てくるのだが、最後に盲獣の全てを否定するすごいこと言ってますよ、乱歩先生!

DVD特典のメイキングで、丹波哲郎のことを「タンバちゃん」と呼ぶ石井監督が一番ツボだったかも。

残念ながら石井監督ファン以外にはおすすめできない。乱歩ファンは増村保造監督の「盲獣」を観よう。

【★★☆☆☆】

盲獣VS一寸法師
リリー・フランキー 石井輝男 塚本晋也 橋本麗香

ジェネオン エンタテインメント 2004-10-29
売り上げランキング : 3,440
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


▼こちらは傑作。

盲獣
緑魔子 船越英二 千石規子 増村保造


徳間ジャパンコミュニケーションズ 2001-08-22
売り上げランキング : 5,454
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | LOG #ま-も

2005年04月11日

クロスファイア(2000/日本/監督:金子修介)

パイロキネシス(念動発火能力)を持つ淳子(矢田亜希子)はその能力ゆえに人との関わりを避けて生きてきたが、ひそかに思いを寄せる同僚(伊藤英明)の妹が未成年グループに殺され、自らの能力を制裁に使うことを決意。
犯人を追い詰めるうちに、未成年グループはスナッフビデオの制作・売買のために罪もない女性を虐殺していることを知る。さらにはその背後に謎の組織と意外な人物の影が……。

たいして期待もしないで観たが、かなり面白かった。
幼いころの淳子が、近づいてきた不審者を発火させてしまう冒頭のシーンから一気に引き込まれる。

宮部みゆきの原作はもちろん読んでいるが、刊行当時に読んだきりであまりよく覚えていない。しかし、原作と違う印象を受けたのは、ヒロインの造形の違いか。原作ではもっと能動的に人を焼きまくっていたような気がするが、映画ではもう少し異能ゆえのはかなげな孤独や心の葛藤が見られる。

宮部みゆきはとても純粋な人なのだと思うが、悪者は徹底的に悪として描き、その報いには容赦がない。それはそれでスカッとしたりもするんだけれど、人を焼き殺すことにもっと葛藤があっても良いのではないか……と思ったような気がするので、このような描き方もまた正解だと思う。
ただ、原作の細部を覚えていないので検討違いかもしれず、これを機会に再読しようと思った。

平成ガメラシリーズの監督だけあって、さまざまな炎の特撮が圧倒的に美しい。
メリーゴーラウンドが爆発炎上するシーンなども迫力あるが、淳子と同僚が抱き合いキスするシーンで、周囲をゆらめく炎のバリアーが覆い、降りしきる雪が蒸発していく描写が印象的だった。

能力を発揮すればするほど事態が悪化していくヒロインの正義が哀しく、また炎に包まれる姿が美しい。
ラストのほのかにともる灯りも心に残る佳作。

【★★★★☆】

クロスファイア
矢田亜希子 伊藤英明 原田龍二 吉沢悠

東宝 2001-01-25
売り上げランキング : 7,061
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

クロスファイア(上)
宮部 みゆき

by G-Tools

クロスファイア(下)
宮部 みゆき

by G-Tools

----------
関係ないが、金子修介監督のお父さんは、ベトナム戦争当時、勢いで「アメリカはベトナムから手を引け」と書いたゼッケンをつけ、やめるにやめられず8年間ゼッケン生活をしていたというすごいエピソードの持ち主。(『ゼッケン8年』という著書あり)
いつかこのお父さんの話をぜひ映画化してもらいたいと思っている。

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | LOG #か-こ

2005年04月10日

富江 最終章〜禁断の果実〜(2002/日本/監督:中原俊)

あまり評価の良くない2・3作目をすっとばし、最終章を観る。
このシリーズは毎回違う女優が富江に紛しており、今作は安藤希。富江にしてはやや幼い感じがするので、イメージ的にはやはり菅野美穂が最もマッチしているかな。

いじめられっ子の登美恵(宮崎あおい)は、同じ名前を持つ富江という美少女に出会い、その美貌と妖しい魅力に惹かれていくが、家に招いた富江を見た登美恵の父親は愕然とする。それは25年前に死んだはずの初恋の相手だった。

1作め同様、ホラーとしてはまったく怖くないが、傍若無人でやりたいことをやり、言いたいことを言う富江のキャラ(基本は命令口調)が原作に近く、悪くない。
またタイトル通り、登美恵と富江はレズビアン的な描かれ方をしており、安藤希と宮崎あおいのファンなら楽しめるのではないだろうか。
何といっても、次第に富江に狂わされていく登美恵の父親の存在がこの映画の質を底上げしている。

それにしても、こんなに続いているということは人気あるんだねぇ、富江シリーズ。
現在、「富江 BEGINING」「富江 REVENGE」が同時公開されており、これが最終章などではぜんぜんないのであった。
BEGINING, REVENGEも予告編を見るかぎりではなかなか面白そうなので、機会があれば観てみたい。

【★★★☆☆】

富江 最終章-禁断の果実- デラックス版
安藤希 宮崎あおい 國村隼 中原俊

ジェネオン エンタテインメント 2002-11-22
売り上げランキング : 24,015
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | LOG #た-と

2005年04月10日

富江(1999/日本/監督:及川中)

伊藤潤二のファンなので原作は全て読んでいるが、映画は初めて。
その美貌に全ての男がトリコになり、殺さずにはいられない。バラバラに切り刻んでも、細胞の一片から必ずよみがえる、美しくも恐ろしい富江。リングの貞子に勝るとも劣らないヒロイン造形だと思うのだが、映画はいまひとつ。
富江役の菅野美穂は原作ファンから見ても良いキャスティングだと思うので、前半のなかなか富江の素顔が映されない演出がまだるっこしい。何度も途中で観るのやめそうになったが、菅野美穂が映ってからがこの映画のキモ。

美しさゆえに他の女性にねたまれるのは日常茶飯事だが、「化物」と呼ばれることに対しては異常にキレる富江。化物にはちがいないんだけど、やっぱり女心だなぁ。

【★★☆☆☆】

▼映像で観る富江ワールド。
富江
中村麻美 菅野美穂 洞口依子 及川中

ハピネット・ピクチャーズ 1999-06-25
売り上げランキング : 55,207
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

富江 replay
山口紗弥加 宝生舞 光石冨士朗


富江 re-birth
酒井美紀 妻夫木聡 遠藤久美子 清水崇


富江 最終章-禁断の果実- デラックス版
安藤希 宮崎あおい 國村隼 中原俊


富江 アナザフェイス featuring 永井流奈
永井流奈 伊藤潤二



▼マンガで読む富江ワールド。

富江―The complete comics of Tomie
伊藤 潤二

関連商品
富江Again―富江 Part3
死びとの恋わずらい―完全版
うずまき
伊藤潤二恐怖博物館 (3)
伊藤潤二恐怖博物館 (5)
by G-Tools

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 02:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | LOG #た-と

2005年04月08日

太陽を盗んだ男(1979/日本/監督:長谷川和彦)

安アパートの一室で原爆を作り国家にケンカをふっかける、冴えない理科教師(沢田研二)。
原爆を作るのは難しくないが、原料となるプルトニウムの入手は不可能。ではどうするか。原子力発電所に盗みに入るのだ。
これがやけにあっさりプルトニウムを盗みだせたり、刑事役の菅原文太のありえない不死身ぶりなど、ツッコミどころは満載なのだが、邦画離れしたスケールの大きさとパワーを感じる一大ピカレスク映画。

何よりもアイデアがすごい。なんでまた原爆なんか作るのか。
テロリストとしては最強にして最凶であろう。手作り原爆を持つ男には誰も逆らえない。
しかし、いざ出来上がってみると何を要求したいのかよくわからなくなって、ラジオ番組に相談してみたりするという、何を考えているのかわからないすっとぼけた男を沢田研二が熱演。「自分が何をしたいのかわからない」って、現代の若者にも充分通じるテーマ性である。
このころのジュリーのオーラはすごい。現在の芸能界にはちょっと見当たらないスター性があり、とてもセクシーだ。

後半のカーチェイスやジュリーと文太の死闘、文太のターミネーターぶりなどのアクションシーンも見ごたえあるが、それよりも前半の原爆作成プロセスがけっこう楽しい。
狭いアパートの一室でどこから入手したのかわからない謎の機器に埋もれ、淡々と原爆作りにいそしむジュリーがなんともカッコイイ。原爆作りの過程も面白いよ。

【★★★★☆】

太陽を盗んだ男 ULTIMATE PREMIUM EDITION
沢田研二 菅原文太 池上季実子 北村和夫

アミューズソフトエンタテインメント 2001-09-21
売り上げランキング : 7,446
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(5) | LOG #た-と

2005年04月04日

田園に死す(1974/日本/監督:寺山修司)

こ、こわいよぉ。ガクガクブルブル。
たいていの映画は平気な私だが、これは本当に怖かった。

一種の精神的な母親殺しがテーマであるストーリーもさることながら、赤がやたら鮮烈な色彩設計、地獄絵のようなおどろおどろしい演出、どれも怖すぎだ。
田園という美しい響きと紙一重な、土着的な村(恐山のふもと)の描写も息が詰まるほどの閉塞感がある。

そんな閉塞的な村で、まるで座敷牢に閉じ込められていると感じてしまうほど、母親の重い愛情の鎖から逃れようとする少年像が痛い。これは誰もが心の奥底に隠し持っているある種のトラウマに強烈に訴えかけてくる。それだけは言わないで〜と叫びたくなる。女性である私ですら怖いテーマなので、男性にはやや酷な内容ではないかと思う。

本筋が怖いのでもう二度と観たくないのだが、総天然色という言い方がぴったりくる色彩の世界に蠢く妖しいサーカス一座(というか見世物小屋)はこの手の悪趣味をもつ人は必見。

良くも悪くも強烈な印象を残す、他に類を見ない映画。
意匠・花輪和一に納得。ところで意匠って何やるんだろ?

【★★★★☆】

田園に死す
菅貫太郎 高野浩幸 八千草薫 原田芳雄

ジェネオン エンタテインメント 2001-10-25
売り上げランキング : 7,323
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 22:13 | LOG #た-と

2005年04月04日

悦楽共犯者(1996/チェコスロバキア+英+スイス/監督:ヤン・シュヴァンクマイエル)

わけのわからないものフェチの6人の変態さんが織り成すさまざまな自慰行為を覗き見ましょう。
自慰行為といっても、見ててもぜんぜん気持ち良くない。なのに驚くほどエロティック。

全編、セリフはまったくナシで効果音とBGMのみ。この6人は他者とのかかわりを拒み、欲するままに己れのフェティッシュな対象を造り上げることに多大な努力を惜しまない人たちなので、言葉はいらないのだ。
セリフがないにも関わらず、6人がせっせと何やら奇怪なモノ作りにいそしみ、その挙句のシュールすぎる自慰行為と、それぞれが微妙に交差していく展開がなぜかとても面白い。悦楽“共犯者”って、そういう意味か。こういう脚本は好きだなぁ。

コマ撮りアニメは少なめだが、シュールでエロティックでグロテスクというシュヴァンクマイエルの全てが詰まった作品なので、万人受けはしないかな。でも私、これがダメな人と友だちにはなれないかも……。

【★★★★☆】

ヤン・シュヴァンクマイエル 悦楽共犯者
ヤン・シュヴァンクマイエル

コロムビアミュージックエンタテインメント 2005-02-23
売り上げランキング : 6,431
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 10:36 | LOG #あ-お

2005年04月03日

アリス(1987/スイス+ドイツ+イギリス/監督:ヤン・シュヴァンクマイエル)

ルイス・キャロルの原作を源泉に、シュヴァンクマイエル独特のシュールなイマジネーションが炸裂する。
アリス役の少女が可愛いし、グロ度も低めで、シュヴァンクマイエル作品で普通におすすめするならコレ。おそらく心の何処かを揺さぶられるはず。

ディズニーのアリスを期待してはいけないが、ある意味不気味かつシュールな原作に最も近いのではないかな。
原作のアリスもけっこういい性格だった気が。

人形アニメと実写の融合が美しく、何度でも観たくなる印象的なシーンが多い。
BGVに最適。一生手元に置いておきたい一本。

【★★★★★】

ヤン・シュヴァンクマイエル アリス
ヤン・シュヴァンクマイエル

コロムビアミュージックエンタテインメント 2005-02-23
売り上げランキング : 1,810
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 23:41 | LOG #あ-お

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。