2003年08月27日

山の郵便配達(1999/中国/監督:フォ・ジェンチイ)

 中国の山間部。山奥の村々に手紙を届けるため、120kmの道のりを3日間かけて歩く郵便配達の仕事をしている父。その激務に足を悪くし、引退を余儀なくされるが、24歳の息子が郵便配達を継ぐことになった。初仕事の日、息子は父と愛犬を伴って郵便配達の旅に出る。山中の道なき道を進みながら、最初はどこかよそよそしい父と息子の関係が、次第に距離を縮めていく様子が淡々と描かれる。
 な、泣けた〜・゚・(ノД`)・゚・
 過酷な仕事だが誇りを持って郵便配達をつとめていた父。幼いころから仕事でほとんど家にいなかった父にどこかなじめなかった息子も、父の背中を追い、仕事を受け継ぐ旅をしているうちに、父への思いが少しずつ変化していく。淡々とした二人(と一匹)の旅の合間に、行く先々で出遭う人々との交流や家族の思い出などのエピソードが散りばめられるが、どれも印象深く、じんわりと温かいものがこみあげてくる。
 中国の大自然をバックにした映像美も素晴らしく、目に鮮やかというより、どちらかというと水墨画のような幽玄さを感じた。また、私の故郷も山間部なので、山の間に這うように家が立ち並ぶ風景にはやはり郷愁を感じる。これは都会育ちの人には分からない感覚かもね。
 出演者の抑えた演技も良い。息子役の青年は、最初はちょっと垢抜けないもっさり感を受けるが、どんどん笑顔が魅力的なイケメンに見えてくるなぁ。ずっと誰かに似ていると思って見ていたが、2丁拳銃の修二(ツッコミの方)にちょい似かな?

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 00:44 | LOG #や-よ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。