2003年06月30日

忠臣蔵外伝 四谷怪談(1994/日本/監督:深作欣二)

 「忠臣蔵」と「四谷怪談」を融合させた変な映画。もともと、四谷怪談の原作でも民谷伊右衛門(お岩さんの旦那ね)は赤穂浪士という設定なのは知っていたが、読んだことないので原作ではどれだけこの2つの物語がリンクしているのかは知らんが、映画ではどちらもやろうとして結局どっちつかずになってしまった。
 どちらも有名な話なのでストーリーは省く。実際の四谷怪談では貞女のはずのお岩(高岡早紀)が湯女女郎あがりのため、艶っぽいシーンをふんだんに入れられるというのはうまい設定だと思った。この高岡早紀、形の良いおっぱいを惜しげもなく放り出し、例の毒を呑まされて顔がただれるシーンでは髪を振り乱して七転八倒の大暴れという大熱演。それと、お岩さんが殺されるキッカケとなる、民谷伊右衛門(佐藤浩市)に恋慕するお梅(荻野目慶子)が強烈。言語障害で少々おつむが弱いという設定、お付きの石橋蓮司と渡辺えり子ともども白塗りの仮面メイクは、お岩の怨霊などよりよっぽど怖いのだった。
 四谷怪談という日本を代表する怪談を素材にしたわりには、まったく怖くないのもやや期待はずれ。赤穂浪士の討ち入り場面で、お岩の怨念が吹き荒れるのだが、お岩が「カーッ」とサイキックを放つショボイ特撮でむしろ笑えるシーンとなってしまった。
 全般的に、忠臣蔵より四谷怪談サイドのほうが力が入っていると言うか、印象に残る。忠臣蔵サイドのことを言えば、大石内蔵助(津川雅彦)はもっと魅力的な俳優がやって欲しいなぁ。
 何といっても、高岡早紀のおっぱいと荻野目慶子の狂女ぶりは一見の価値あり。それが全てといっても過言ではない。

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 22:47 | LOG #た-と

2003年06月30日

蒲田行進曲(1982/日本/監督:深作欣二)

 JR蒲田駅の発車音楽がこれなんだよね。邦画では最も好きな映画の一つ。
 時代劇のメッカ、京都の撮影所では、銀ちゃんこと倉岡銀四郎(風間杜夫)の発主演映画「新撰組」の撮影真っ只中。ライバルの橘(原田大二郎)のほうが見せ場が多いことに焦る銀ちゃん。そんな銀ちゃんの身辺整理のために、子分のヤス(平田満)は、妊娠中の銀ちゃんの恋人・小夏(松坂慶子)を押し付けられる。小夏のために、誰もやりたがらない危険なアクションの仕事ばかり引き受け、ズタボロになっていくヤスの一途さに徐々に惹かれていく小夏。一方、銀ちゃんは仕事に行き詰まり撮影をすっぽかしてしまう。銀ちゃんを励ますため、「新撰組」の撮影の中で最も危険で、本職のスタントマンも逃げ出した「池田屋階段落ち」のシーンの落ち役を引き受けてしまうヤス。そして階段落ちの撮影の日が迫る……。
 つかこうへい脚本のためか、舞台じみた演出が多く、風間杜夫と松坂慶子のかぶききった演技が素晴らしいのだ。子どもがそのまま大人になったような(by.小夏)、わがままで残酷で、しかし愛すべき銀ちゃんのキャラクターが、キザでわざとらしい芸風(笑)の風間杜夫に見事にはまっている。
 そんな銀ちゃんを盲目的に慕う、お人好しで一途なヤス。両極端な二人だが、ある意味どちらも女にとって理想の男性像ではないだろうか? そんな男二人に愛される小夏は本当に幸せな女性だなぁと思う。最も、銀ちゃんみたいな男と添い遂げたら一生苦労するだろうけどね。
 鮮やかな幕切れも印象深い、笑いあり涙ありの大傑作。

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 22:46 | LOG #か-こ

2003年06月29日

ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984/アメリカ=西ドイツ/監督:ジム・ジャームッシュ)

 故郷(ハンガリー)を忘れ、ニューヨークでひたすらアメリカ人として生きているウィリーの許に、いとこのエヴァが転がりこんでくる。最初は迷惑がっているウィリーだが、1週間後にエヴァがクリーブランドの叔母のところに発つころには、少し寂しい思いをするのだった。
 1年後、競馬とカードで大金を手に入れたウィリーは、親友のエディと共にクリーブランドの叔母の家にエヴァを訪ねる。エヴァは雪に閉ざされた町の刺激のない生活に退屈していた。思い立って、エヴァを連れ3人でフロリダにバカンスに行くことに。
 評価の高い作品らしいが、私にはサッパリ良さが分からなかった。これといって何も起こらない、ただ日常を切り取っただけの映画。ストーリーが淡々としているのはいいんだけど、モノクロ、全編ワンシーンワンカット、シーンのつなぎには黒いブランク画面が入るなど、この映画の評価を高めているちょっと変わった手法がことごとく私の好みに合わなかった。派手なハリウッド映画に毒されすぎてますか? 登場人物にもまったく感情移入できなかったしね。とくにエヴァがわがままでいやだよう。
 そうか、この監督は「ミステリー・トレイン」「ナイト・オン・ザ・プラネット」の人か。等身大でまったくエキセントリックなところがない、ありふれた人々のありふれた日常をちょっと小粋な映画に仕立てあげる人か。それがストライクな人もいるだろうが、わざわざ映画で見たいか、そういうの?

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 01:40 | LOG #さ-そ

2003年06月29日

光の雨(2001/日本/監督:高橋伴明)

 日本を震撼させた「連合赤軍あさま山荘事件」は、革命を夢見た若者たちが山岳地帯のアジトに篭り、閉塞した状況下で「総括」という名のもとに次々と行われた凄惨なリンチ事件の果てに起こった。あさま山荘事件に至るまでの連合赤軍の内部状況を真っ向から小説化した立松和平の原作を映画化。
 原作と異なるのは、連合赤軍のリンチ事件を描く『光の雨』という映画の制作状況が描かれているという二重構造になっている点。劇中映画の『光の雨』と、事件の時代背景などほとんど知らない若い役者たちが、自分たちの演じる革命闘士の心理に戸惑いつつも役に魅入られていくさまが交互に進行し、ちとややこしい。テーマがあまりに重いため、実際のリンチ事件のみのシナリオでは壮絶にすぎるだろうし、劇中映画のメイキングという名目で若者たちに事件について語らせることで、現代のフィルターを通すことに成功している。
 連合赤軍というのは、私が生まれるほんの少し前に、今の私と同じ世代だった人たち(いやもう少し若いけど)だったわけだが、思想も社会に対する関わり方も隔たりがありすぎて、彼らを理解するのは無理である。あさま山荘に篭城した残党が何を考えていたかなど知るよしもないのだが、自分たちの信じる大儀のためにあれだけ仲間をなぶり殺した後(14人……)では、引くに引けないという焦燥感や一種の開き直りもあったのではないかなぁ。ま、実際のところは誰にも分からないけどね。
 特筆すべきは、永田洋子(劇中では上杉和枝)役の裕木奈江。どっちかというと嫌いだったんだけど、演技うまいなぁ。コワイ永田洋子が見れます。森恒夫(倉重鉄太郎)役を演じる若手俳優の役(ややこしい)は山本太郎で、漫才師を辞めて役者を目指し、ふだんは路上で言葉売りをしているという設定が謎。モデルは元チームゼロののりやすか……? 何故??

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 01:37 | LOG #は-ほ

2003年06月27日

突入せよ! 「あさま山荘事件」(2002/日本/監督:原田眞人)

 浅間山荘事件で陣頭指揮をとった佐々淳行氏の原作を映画化。故に完全に警察サイドから描かれており、立てこもっている連合赤軍はまったくといっていいほど出てこない。時代背景などにもいっさい触れておらず、連合赤軍がなぜそのような事件を起こしたのか、山荘の内部はどんな状態だったのか、これ見ただけではさっぱりわからないのだった。この描き方には賛否両論あっただろうが、私は成功していると思う。日本人ならこの事件の背景くらい知っていて当然だし、突入後の銃撃戦に至ってもなかなか顔を見せない連合赤軍という演出が不気味でよい。近いうち、連合赤軍サイドを描いた「光の雨」も見てみたいと思う(ちなみに私は、原作どっちも読んでいる連合赤軍ファン)。
 この事件には、東京から派遣された警視庁と地元の長野県警が合同でのぞんだのだが、両者の軋轢といったら、民間人から見るとバカバカしいことこの上ない。どっちがイニシアチブをとるかでもめてる間にもっと建設的なことしろよと言いたくなるが、そんな現場の混乱ぶりがいっそコミカルで迫力がある。まぁ、この人たちも決してヒーローを気取っているわけではなく、あくまで仕事としてやっているわけで、英雄の活躍ではなく働く男たちのリアリティを見るべきだろう。
 佐々淳行を演じた役所広司や官房長官役の藤田まことなど、達者な役者が揃っていて見ごたえあるが、大事件だっただけに登場人物が多く、大混乱の現場描写はセリフがかぶりがちで聞き取りづらく、かなり音が悪いと言わざるを得ない。字幕つけて欲しいくらいである。あと、このタイトルは映画としてはちょっとどうかと思うゾ。直球だけどさ。

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 10:12 | LOG #た-と

2003年06月27日

教祖誕生(1993/日本/監督:天間敏宏)

 ビートたけし原作。宗教ファンの私としてはかなり好きな映画で、見るのは3回目くらいか。
 一人旅の途中、街角でサクラを使った霊感療法のデモンストレーションを行っている新興宗教団体に出会ったカズオ(萩原聖人)は、好奇心から一行に加わることに。この団体を率いる司馬(ビートたけし)は完全に宗教をビジネスとしか見ておらず、全てがインチキでしかないのだが、不思議と熱心な信者も多く、けっこう羽振りがよい。言うことを聞かない教祖を追い出した司馬は、教祖など誰でも良いと言い、カズオを新教祖に仕立てあげた。真面目なカズオは本物の教祖になろうとだんだんその気になっていく。
 ビートたけしの役は金儲けのためなら何でもやるという腹黒い人間なのだが、その主張には不思議と説得力があり、純粋で盲目的な信者(玉置浩二)よりよほどまともに見えるのが皮肉。規模が大きくなるにつれ、本気で宗教やってるある意味イっちゃってる人が増えていくのがおかしくもあり不気味でもあるのだが、その中で最も理性的なのが無神論者で拝金主義のビートたけしであり岸部一徳だったりするブラックさが好きだなァ。
 主演の萩原聖人も上手い。主体性があるんだかないんだか、何を考えているのかよくわからない青年役が見事にはまっている。

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 01:37 | LOG #か-こ

2003年06月26日

ニュー・シネマ・パラダイス [完全オリジナル編](1988/フランス=イタリア/監督:ジュゼッペ・トルナトーレ)

 名作中の名作と名高い作品。10年以上前に劇場公開版(ディレクターズカット)を一度見てるのだが、半分寝ながらでも見ていたのかほとんど内容覚えてなかった。
 小さな町の唯一の娯楽施設、パラダイス座。映画好きの少年トトはここに入り浸り、いつしか老いた映写技師のアルフレードと心を通わせていく。映写室から出た火事(昔のセルロイドフィルムは非常に発火しやすかったらしい…by.探偵ナイトスクープ)で盲目となったアルフレードに代わり、新生ニュー・シネマ・パラダイスで映写技師として働くようになり、やがて青年へと成長したトトだが、初恋や別れを経験し、町を離れることを決意。アルフレード死亡の知らせを聞き、30年ぶりに故郷に戻ると、すでに映画館は閉館され廃墟と化していた。そしてアルフレードがトトに残したものは……。
 トトとアルフレードの年齢を超えた友情が描かれる、温かくほのぼとした少年時代は本当に素晴らしい10点。美しい少女と恋に落ち、やがて離ればなれになる青年時代はやや中だるみ気味5点。すでに結婚している初恋の女性と再会し、別れの真相を知る壮年時代はお腹いっぱい-3点。アルフレードの形見に驚くラストは号泣手前10点プラスα。総合して、一連の恋愛エピソードがうざすぎます。とくに壮年時代の初恋再燃編にはげんなり。「男は初恋を引きずる」のはわかるけど、それを地でやるなよ。そこらへんがばっさりカットされ、じじぃとガキの馴れ合いに焦点を絞ったディレクターズカット版のほうが断然良いです。

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 14:30 | LOG #な-の

2003年06月25日

バグダッド・カフェ(1988/ドイツ/監督:パーシー・アドロン)

 生涯、好きな映画ベスト10に入るであろう作品の一つ。何度見てもイイ……。
 旅の途中、夫婦喧嘩で砂漠のど真ん中に置き去りにされてしまったジャスミンは、仕事や生活に追われいつも怒鳴り散らしている女主人が経営するモーテル兼ガススタンド兼カフェにたどりつく。奇人・変人ばかりが居着き、時間の流れが止まったようなバグダッド・カフェ。最初は奇異な眼で見られ、受け入れられなかったジャスミンだが、徐々になくてはならない存在になっていく。
 一度見たら、黄色く乾いた砂漠の描写と、主題歌の「Calling You」が忘れられない。トラン・アン・ユン監督の「夏至」に、「人にはそれぞれの魂に合った土地がある」という印象的なセリフがあるが、この映画でまさにそれを実感する。でもなぁ、この映画の魅力を言いあらわすのは難しいのよね、どうにも……。決して万人受けする映画ではないと思うので、「とにかく見てみれ」ともおすすめしづらいし。穏やかでちょっと優しい気分になれます、たぶん、とだけ言っておく。
 ところで、このバグダッド・カフェは映画用のセットではなく、アメリカの西海岸に実在するのだそうだ。うぅむ、ホントにあんな土地にカフェ?? 映画で見るぶんにはカルトチックな存在感で味があるし、ジャスミンにとっては「魂に合った土地」ということになるのであろうが、私は絶対住みたくないぞ(笑)

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 00:26 | LOG #は-ほ

2003年06月20日

気狂いピエロ(1965/フランス/監督:ジャン=リュック・ゴダール)

 ゴダール作品て初めて見た。もっと訳わからんのかと思っていたが、意味不明なつぎはぎ映像や唐突な展開はあるものの、全体の筋書きは意外としっかりしていて最後まで飽きさせられなかった。散文的なセリフと映像のコラージュ映画というだけではないんだなぁ。でも私は好きじゃないけど、この映画。なんかこう、センスはわかるんだけど心に響いてくるものがなかったデス。ヒロインのアンナ・カリーナは現代にも充分通用する美しさで、魅力的。

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 00:12 | LOG #か-こ

2003年06月11日

Dolls(日本/2002/監督:北野武)

 社長令嬢と結婚するために婚約者の佐和子(菅野美穂)を捨てた松本(西島秀俊)は、式当日に佐和子が自殺を図ったと聞かされる。式を投げ出し病院に駆けつけた松本を待っていたのは、精神の糸が切れ、壊れてしまった佐和子の姿。眼を離すとどこかへ行ってしまう佐和子を松本は赤い腰紐でつなぎ、「繋がり乞食」となった2人は日本の四季のなかをあてもなくさまよい歩く。2人がすれ違う人々のなかには、昔捨てたはずの女(松原智恵子)がずっと自分を待っていたことに戸惑うヤクザの親分(三橋達也)と、事故で顔に大ケガを負い芸能界を引退したアイドル(深田恭子)の心中を思い自ら眼を突いて盲目となってしまったオッカケ青年という2組のカップルの姿があった。
 北野映画の中では賛否両論あった作品のようだが、私は美しい日本の四季の映像と残酷で切ない3組の愛のカタチに圧倒された。愛の狂気ゆえにDollと化した女たちの表情は一様に空ろで、見詰める先に映るものは、愛した男か、それとも自らの内面を満たす愛という名のエゴか。
 どれも圧倒されるほど切ない恋物語ではあるのだけれど、北野武の過分な理想の具現化だよね、これは。実際はもっとしたたかで計算高くて強い女がほとんどだから。でも、ラスト近くに佐和子が一瞬正気を取り戻したかのように見えるシーンがあるのだけれど、もしかたら佐和子はもっと前に、いや最初から正気だったのかもしれないわけで、そう考えるとしたたかな女の業を描き切ってるナァとも思える。まぁ、ヤクザの親分を何十年も待ち続ける女のエピソードを見ると、やっぱり佐和子も狂気と紙一重の純粋な愛を内包した女として描かれたのかな、とも思うけど。
 ところで、佐和子と松本の「繋がり乞食」だが、北野武のエッセイで、浅草修行時代に出会った浮浪者のなかに男女の「繋がり乞食」というのがいた、というのを読んだことがあるのだが、それが元ネタ?

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 01:12 | LOG #た-と

2003年06月09日

KIKA(1993/スペイン/監督:ペドロ・アルモドバル)

 メイクアップアーティストのキカと、その周囲の変人たちが起こす変な事件を強烈な色彩とセンスで描くヒューマン・ドラマ。
 これはとても変な映画だ。途中まではコメディなのかと思ったが、後半はサスペンス風の展開。とある家庭の主婦の自殺シーンに始まり、レイプあり殺人ありというと悲酸なストーリーのようだが、主人公のキカが明るくたくましいおかげか、まったく重さを感じさせない。先の展開は読めないし、全体のトーンもまるで見当がつかないという不思議な映画だが、キッチュな味が捨て難い。
 センスのよいインテリアと、鮮やかな衣装が印象的だと思ったら、衣装担当はジャン・ポール・ゴルチエ。なるほどね。

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 22:27 | LOG #か-こ

2003年06月09日

バンディッツ(1997/ドイツ/監督:カーチャ・フォン・ガルニエ)

 ブルース・ウィリス主演のアメリカ映画ではない方。
 女囚4人がロックバンド「バンディッツ」を結成、警察のパーティに演奏を依頼されたのを機に脱走をはかる。自由を手に入れた彼女らに注目したレコード会社からCDが売り出され、これが大ヒット。行く先々でハプニングライブをやってのけ、警察の手をかいくぐり、それぞれ心の傷を抱えていた4人がともに逃げ回るうちに絆が深まっていく。
 ……カッコイイのかダサイのか、微妙な映画だ。4人ともあまり美人ではないところがリアルだが、なんだか皆年齢不詳で感情移入しづらいヨー。青春映画と呼ぶには、あまり若々しさが感じられない。ストーリーもご都合主義でほぼありえない展開なのだが、「バンディッツ」というバンドのプロモーションクリップだと思えばよくできているし、「女の友情」モノって実はあまりないジャンルだと思うので、この設定は良いね。

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 01:11 | LOG #は-ほ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。