2002年12月11日

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(1999/独=米=仏=キューバ/監督:ウルリッヒ・フェルスベルク)

 これ、前知識ナシで観ると、キューバ音楽の合間にジィさんたちがそれぞれ生い立ちを語るというシークエンスがえんえんと続き、いったい何の映画だかさっぱりわからない。頭の中に「???」が飛び交う前半は、妙に心地良いキューバ音楽とジィさまがたの淡々とした語り口があいまって眠気を誘われたが、BGVがわりに観てたらだんだんと趣旨が判明。これは、キューバ音楽に魅せられたミュージシャンが、忘れ去られていた伝説のキューバミュージシャンを集めてレコーディングやライブを敢行、世界的に絶賛された一大プロジェクトのドキュメンタリーなのである。
 私はそもそも音楽全般に興味がないというプチ欠陥人間なので、キューバ音楽なんて言われても雲をつかむような次第なのだが、知識はなくともノリのよいラテンジャズは耳に心地よい。もはや伝説と化している(らしい)ミュージシャンたちは、当然のごとく棺桶に片足突っ込んだようなジィさまたちばかりなのだが、実に楽しそうに演奏する姿はちょっとカッコいいです。なんつーか、渋いッス。
 ラスト、カーネギーホールで観客の大喝采を受けるジィさまがたには、ちょっとどころか、かなーりシビれちゃったりなんかして。この先もそうそうキューバ音楽なんて聴く機会はないと思うが、まぶしい太陽の光のような音楽だと感じた。

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 01:01 | LOG #は-ほ

2002年12月09日

ピストルオペラ(2001/日本/監督:鈴木清順)

 殺し屋組織「ギルド」に所属する、ランキングナンバー3の通称「野良猫」(江角マキコ)は、ランキングナンバー1「百眼」を消せとの指令を受ける。そして何者かに次々と殺されていく殺し屋たち。野良猫も生き残りをかけて戦っていくうちに、「百眼」とは誰なのかという謎が解明されていく。ストーリーは単純なのだが、脈絡なくあちこちに飛ぶシーンや、意味があるようなないようなセリフ廻しでやたら難解な映画に仕上がっている。深く考えずに入り込めばいいんだろうね、これは。鮮烈な印象を残す映像美や、女たちのエロスを楽しめばいいのであろう。
 しかし江角マキコはどうかな。和服にブーツ、手にはピストルという姿はカッコイイんだけど、大根だよねぇこの人。シュールなセリフ廻しがおぼついてない気がするのだが。

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 00:55 | LOG #は-ほ

2002年12月09日

シュレック(2001/アメリカ/監督:アンドリュー・アダムソン/ビッキー・ジェンソン)

 字幕か吹替か迷ったが、ダウンタウン浜田雅功がシュレック役ときいて吹替版を見てみることにした。でも…下手やな浜ちゃん(^^;)。関西弁のシュレックとは眼のつけどころがいいと思うが、声には最後まで違和感ぬぐえず。キャラと合ってないのもさることながら、もともと浜ちゃんは演技力はあるほうだと思うので、声優自体が難しいということか。
 ディズニー映画への逆オマージュということで、ストーリーはなかなか皮肉が効いてます。ディズニー映画も好きな私だが、これも嫌いじゃない。単純に面白いし。キャラクターもそれぞれよく作り込んであると思うが、個性豊かな脇役陣・しゃべるロバのドンキー(声:山寺宏一)やおてんばなフィオナ姫(声:藤原紀香)に比べて、主役のシュレックの存在感がやや希薄かな。
 CG技術についてはもはや言うことなし。すごいねホント。

人気blogRanking ≪ひっそり参加中。よろしかったらclickしてって下さい。
posted by bambi at 00:53 | LOG #さ-そ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。